忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/31(土)   CATEGORY: 日常雑感
ただいま。
さきほど、帰ってまいりました管理人です。
あああ疲れた。遊び疲れ。

草津に行って来たんですよ。
温水プールもあるリゾートホテルに二泊三日。
施設遊び放題パスつき一泊二食で9800円!

とにかく温泉入ってバイキング食べて卓球してました。
三日間、温泉入ってバイキング食べてプールで泳いで湯畑見て温泉入ってバイキング食べて卓球してバイキングして温泉食べて卓球入って・・・って、アレ?

おかげで妄想する暇も(それほど)なく。
「ホテル名入りユカタに丹前羽織って卓球ラケットを構えるアニキ」がせいぜいだったという。で、意外に下手だったりすると萌え(笑)。
温泉旅行は定番ネタでしょうが、初々しい感じのを書いてみたいかも。もちろん涼拓。
「無理だ。どうしてもおまえを諦めきれない」
「涼介さん・・・」
みたいな。

お医者様でも草津の湯でも~惚れた病は治しゃせぬ~
チョイナチョイナ♪ ←オチ?

着いた日は汗ばむほどの陽気で、クロッカスの花やスイセンの芽に春を実感していたのに、翌朝は一面の銀世界。昨日の午後は晴れた空に風花が舞い、今日は雪が降りました。冬と春を一気に味わってきましたよ。


★Hさま
最高ですクラピカ誕生日!!わーん嬉しいです。レオが暖かくてよかったです。おめでとうクラピカ!

ありがとうございます。ひっそりな上に短いですが、今年はちゃんとお祝いできてよかった。レス遅くなってごめんなさいね。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ありがとうございます!
今日これから、土曜日まで留守にします。
春休みですもんね。群馬の桜はどうかな?



★昨日23時の方
きゃ~~~、嘘でしょ、「ちょっと待って!」とリアルに叫びながら更新履歴を見直しました。
ありましたよ、HUNTERの新作が…。
涙がちょちょ切れます。ありがとうございます。
艶やかなレオクラでの誕生日話でこれ以上のプレゼントはありませんっ!
ありがとう、ありがとう、ありがとうっ!


アップすぐの拍手とコメント、こちらこそありがとうございます!
熱いメッセージに私も思わず目頭に光るものが。長いこと更新なくてごめんなさい。萌え尽きたかと思っていたので自分で驚きました(笑)。楽しんでもらえてとても嬉しく思います。また何か降りてくるまで(笑)待ってくださるでしょうか(すいません)。


★本日0時の方、たくさんの拍手ありがとうございました!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
本日の更新
突発的にハンタ・緋宝館にて「第十夜」。
4月4日クラ誕に寄せて。短いものですが大人向けです。
いや、某所の盛り上がりには遠く及びませんが。

クラピの孤独はポーのエドガーのそれに通じると思います。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/28(水)   CATEGORY: 日常雑感
選挙公報を読む
先日、神奈川の古い友人から久々に電話があったと思ったら「ドクター中松見てたらあなたを思い出した」とのこと。確かに昔、熱く語っていた時期があったが(笑)、そんな連想されるって人としてどうか。
神奈川も知事選はあるのだが、彼女いわく「誰も知らないからつまらない」。その点、都知事選は面白くてうらやましいそうです。ちなみに彼女のイチオシは建築家。いや確かにオモロイオッサンだとは思うが。


今日、選挙公報が入っていたので一読してみた。
なるほど多彩だなあ。これは楽しみだ。

建築家の給与は無給(1円)だそうだ。無給なのに1円て。とにかく五輪を東京に誘致したくないらしい。来るかどうかもわからないのに(多分無理)。

三日くらいで都政を勉強し問題意識に芽生えた前宮城県知事。その才能があればいっそ総理を目指して欲しいと思うがどうか。

毎度おなじみ某有名高島易断家。選挙結果まで占えないのか。

カント信者は初出馬か。デカンショデカンショで暮らせるのは半年までなので一期乗り切れるか不安。「都民全員を殺す気ですか?(即刻中止)」東京五輪開催はダメで山口なら可、という根拠不明。

共産党はむしろ履歴肩書きから「元A区長」を削除希望。誰が借金増やせっつったんじゃゴルァ!

誰でも入れる医科大設置を目指す普通の人。誰でも医者、ってそれはかなり不安増大だと思うが。それと「病気になる課程」は「過程」です(添削)。

毎度おなじみ発明家。いや今回もちゃんと出馬してくれて嬉しい。「34年間、自分の食事を撮影し、食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析した」ことに対して貰った「igノーベル賞」が、本気で栄誉と思っているところがいい。

この普通の女性は、もはや女性であることだけで政治の場に出る意義があった時代は終わったことを知らないらしい。

国家権力や特定の個人に対する怨みつらみが立候補の理由のような元警官。文字の小ささ細かさにも執拗な性格が如実に。

作家兼現職都知事。今回も無敵。いろんな意味で。

桜金造は桜金造としか。

手書きの文字は雑民党の東郷健氏かと。作家兼アレキサンダー大王信者は普通の人らしいが混迷する教育問題を1年で解決するというあたり普通じゃない。

写真なしの人はマニフェストも簡潔すぎて正体不明。もしや正義の人・月光仮面か川内康範じゃなかろうか。憎むな殺すな赦しましょう(森君以外)。

ラスト掲載の革命家は政府転覆を掲げる、自称思想界の北島マヤだそうだ。亜弓さんはぜひ慎太郎で。争点は紅天女。


さすがアジアと世界をミスリードする、日本の首都・東京の知事選だけあると思った。4月8日、選挙に行ってきます。

[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/03/27(火)   CATEGORY: 日常雑感
日本一の無責任男、逝く。
植木等が亡くなってしまった。

粋で軽妙で、洒脱な生きかたが好きでした。
ご冥福をお祈りします。


★本日1時、20時の方、拍手ありがとうございました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ですのですもの。
昨日今日で実写版「デスノート」見てました管理人一家です。
映画もこりゃまた突っ込みどころ満載だ。

コミックのほうは毎週の展開についていけない凡人頭なので挫折しましたが、映画は適度に端折ってあり、わかりやすくなってました。脚本演出ともにご苦労のことと思います。ラストやキャラもオリジナルを加えてあり理解しやすさ倍増。私はこちらのほうが楽しめましたね。オバタ先生の絵じゃなくても(いや結構まんまですが)。

後編のラスト、原作と違いますよね。やっぱりあのままだとアレなんでしょうね。いやあ原作的にはかなりナニですけど、こういうほうが一般的というか落ち着くというか。

ジャンプ的には最後墓場から復活したり・・・しない?(それはリンかけ)
あの世で修行してもっと強くなって帰ってくるとか(ドラゴンボール)
孫や息子の代まで戦うとか(JOJO)


なんといっても藤原くんの声と肩幅に萌えた(そこか)。

細身だけどしっかりした体に薄手のセーターが似あうんですもの。きゅんきゅん(若者言葉)。
しかし彼はいいですね。ルックスもいいしとんでもない人格崩壊キャラの演技も巧い。荒唐無稽なのに妙に説得力がある。原作まんまくんの松山ケンイチより凄い。

そしてLが出るたび食べてるスイーツに釘付け。
前編はドーナツ串刺し。後編は和菓子。んまそうでした。


★本日11時の方、たくさんの拍手ありがとうございました!嬉しいですvv
[ TB*1 | CO*0 ] page top
ありがとうございます!
今日は朝から北陸の地震で大変でした。
夫の実家が富山なので、慌てて電話したらつながらない。30分後にようやくつながりましたが、実家では特に被害はないとのことで一安心。震度4でも、一時は揺れがひどくて部屋の中を歩けなかったようです。

震源地に近い能登や輪島のほうではかなり被害も出てしまいましたね。
心からお見舞い申し上げます。自然災害の恐ろしさは他人事には思えません。早い復旧をお祈りします。


いつも温かい拍手をありがとうございます。
以下、お返事でございます。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
本日の更新
頭文字Dにて「冬の花火」第7章になります。
実はこういう涼介を書きたかった。ラストにあと1章です。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/23(金)   CATEGORY: 日常雑感
執筆中
って言うとなんだか大層な感じですが。

昨日から娘が春休みで実家に泊まったので、今日は一日、目いっぱいフリーでした。夫の帰宅も遅くてまだです。

これは存分に書けるぞ!・・・と思っていたら、こんなときに限って筆(キーボード?)が乗らなかったり。週末更新、そんなわけでもう少し、お待ちください。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/22(木)   CATEGORY: 日常雑感
ケータイがない!
夕方から実家へ帰って夕飯をご馳走になり、先ほど帰宅しました。
ところが、わが家に忘れてきたと思っていたケータイがない。
出かける間際にテーブルの上に出したところまでは覚えていたのに、そこにないんです。あちこち探しても出てこない。

そうだ電話して鳴らそうと思ったら、番号を思い出せない。
じゃあ夫にかけてもらおうと思ったらやっぱり番号わからない。

仕方なく実家に電話して、母のケータイからかけてもらいました。
でもどこからも音がしない。家の中にないとしたら、どこかで落としてしまったのかと青くなりました。でもあんなもの落ちたらさすがにこのボンクラも気づくはず。音のしない草原とか砂浜にならともかく(そんなとこ行ってないし)。

混乱するアタマでしばし考え込むこと数分。
ハタと思いつき、マンションのゴミ置き場へ行ってみますと

・・・・ありました。

実は、出がけにゴミを出したのですよ。娘とあれこれ喋りながら棚にゴミ袋を置いた際に、どうも一緒に手にしていたケータイも置いてきちゃったらしい。なんという気のなさ。

暗くて臭いゴミ置き場で、文字通りそれは光って見えましたとも(着信ランプ点灯中)。ああ、こんな場所でひとり、誰にも聞かれずプルプルと「藤原とうふ店電話着信音」を懸命に鳴り響かせていたと思うと、切ないです。ごめんよ。


★昨日18時の方、拍手ありがとうございました。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/21(水)   CATEGORY: 小咄
頭文字D漫才:ガンダム編
啓介(以下K)「なあアニキ、若井おさむって知ってるか?」
涼介(以下R)「ああ日本で唯一、いや世界にひとりしかいないガンダム芸人だろう。名台詞だけでコントを構成する。大した才能だ」
K「さすがアニキ。詳しいな。もしかしてガンダム好きだったんか」
R「当然だ。特にファーストはすべて押さえてある。『白い彗星』の名は誰からもらったと思ってるんだ」
拓海(以下T)「別にくれたわけじゃないと思うんですけど」
R「藤原は賢いなあ」
K「ララァだろそれ。なんだよもうシャア入ってんのかよ」
T「涼介さんがオレの心を触った感じなんですvv」
K「それ大佐だろ、っておまえもかよ!しかも微妙に会話になってねえよ!」
T「そんなもの飾りですよ。偉い人にはそれがわからんのです」
R「坊やだからさ」
K「オレも混ぜてくれよ!えっと、あー、啓介、行きまーす!」
T「涼介さんをいじめる悪い人!」
R「おまえも同じニュータイプなら、わかりあえるはずだ」
K「オレがいちばんうまくFDを操縦できるんだ!」
T「そんな・・・理屈!」
R「まだだ。まだ終わらんよ」
K「兄上も意外と、甘いようで」
T「これが・・・バトル・・・!」
R「見せてもらおうか。藤原とうふ店のハチロクの性能とやらを」
K「お、親父にもぶたれたことないのに!」
T「落ちろ、落ちろ、落ちろおーッ!」
R「二人が戦うことなんてないのよ!二人が戦うことなんて!」

K・T「それシャア違うやろ!!」




去年の日記から浚ってきました。
若井おさむ、まだ消えてないかな?(笑)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ひっそりと応援中。
来月4月4日、クラピの誕生日に向けて淑女のための素晴らしき祭典が開催されています。
「レオクラ男祭り」さま、サイトのリンクページからどうぞ。

休載記録更新中(よね?)の今、足りない萌えをここで補給いたしましょう。
萌えより燃え過ぎて、炎上せぬようご注意くださいませね(笑)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/19(月)   CATEGORY: 萌えるんです。
「Fantastica!」
某所でイタリア版「頭文字D」発見。

http://www.youtube.com/watch?v=Jr1LdcclF5c

他にもありますが、これは1stの第2話。啓介がスタンドへ来て「秋名の幽霊(アキナ・ディ・ファンターズマと言ってる気がする)」の話をするシーン。タイトルは拓海の「すげーな(空でも飛ぶんか?)」かろうじて聞き取れた(笑)。あと、「ありがとうございましたー」が「グラッチェ、アリベデルチ(綴りわからん)」とか。

トレノとかアキナ、タクミとかトーフにパンダ(笑)固有名詞はそのままで、台詞だけがイタリア語になってる。効果音や背景の文字、BGMもそのまま。これでイタリア人はわかるのでしょうか。知ってるのかイカホとかアツアゲとか(笑)。

ベラベラしゃべりまくるイツキがロベルト・ベリーニみたいで意外と合っていたり。「ナイト・オン・ザ・プラネット」思い出した。
啓介も走ってると独り言が多いので(笑)やっぱり違和感ないし。
そして流暢な(当たり前だ)イタリア語を話す涼介はフェロモン120%増(当社比)。

なんとなくですがクルマとイタリア語は似合う気がします。ただのイメージかもしれないけど。
でもどうしても「ハチロク」のところが聞き取れないんですよね。なんて言ってるのか、わかった方教えてください~!

[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2007/03/18(日)   CATEGORY: 小咄
頭文字D漫才:藤原親子編
拓海(以下T)「とーちゃん!中一のオレに運転させるなんて無茶だよ!豆腐の配達なんて嫌だ!できねーよ!」
文太(以下B)「馬鹿野郎!(平手打ち)」
T「(頬をおさえ倒れながら)何すんだよ!」
B「いいか拓海。今まで言ったことはなかったが、おまえをいずれプロレーサーにすることは、死んだ母ちゃんとの約束なんだ・・・」
T「とーちゃん・・・」
B「(遠い目)あいつは・・・伝説の女走り屋だった。オレと結婚しておまえを産んでも、走ることが捨てられなかった。毎日、峠を走っていたがある日・・・」
T「事故ったんだな!それで、母ちゃんは・・・!」
B「・・・いや、そのまま家出した」
T「死んでねーぞ!」
B「まあ待て拓海。実は母ちゃんは、プロのレーサーになる道を選んだんだ。生まれたばかりのおまえをオレに託して、頑張って群馬に錦を飾るまでは帰らねえってな」
T「とーちゃん・・・!(涙目)」
B「だが、女の身では無理な話だ。あいつは男になりすまし、その上、名前も国籍も年齢も履歴もすべて偽って」
T「・・・とーちゃん・・・?」
B「とうとうプロのF1レーサーになり、何度も優勝して」
T「・・・もしもし」
B「なのに94年、おまえとオレを残して、イモラサーキットで若い命を散らしちまった・・・!(男泣き)」
T「ってそれ、アイルトン・セナやん!!」
B「何、信じられねえか。わかった。本当のことを言おう。母ちゃんはその昔、理論的な走りで“プロフェッサー”と呼ばれてな・・・」



ってそれはアラン・プロスト。
すいません。今日F1見てて思いついただけです。
私の中では、いまだにセナとマンセルとプロストなんです。

今日は琢磨@アグリ頑張りましたねえ。ピットインのロスさえなければ入賞だったかもしれなかったのに惜しい。とりあえずは今まで「動くシケイン」(ひどい・笑)呼ばわりだったのを見返しましたな。次回マレーシアが楽しみです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ありがとうございます!
あるものを買いに出かけて見つからず、ショッピングモール4ヶ所めぐって今、帰宅しました管理人一家です。疲れた・・・。

デックスお台場→ららぽーと豊洲→お台場ビーナスフォート
→川口ダイヤモンドシティ

最後にようやくゲットできましたが、アホウですかそうですか。
何を買いたかったかというと、娘用のバトミントンのラケットでした。その辺で売ってるじゃんとお思いでしょうが、なぜか行く先々にスポーツショップがなかったんですよね。意地ですなもう。

ビーナスフォートのゲーセンで頭文字D4やったのが唯一の収穫だった(夫がな)。

拍手コメントありがとうございます。
以下お返事です。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
本日の更新
頭文字Dにて「冬の花火」第6章になります。
いよいよ、と言いますかどうか。

ついでに携帯サイトでも涼拓更新。勢い勢い。
不倫中です(笑)。



★昨日3時、17時の方、拍手ありがとうございました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
『マリー・アントワネット』
日比谷でF子ちゃんと観てきました。まだやってるよねと思ってのんびりしてたら、ここも明日まで。まあ正月映画でしたからね。

何しろ私たちはベルばら世代(の下のほう・笑)。これは観ておかねばな!(笑)ということで劇場まで行ってきたわけです。

映像がポップでキュートでプリティ(意味重複)な映画でした。やっぱり女性監督は美学が違う。
きらびやかなドレス、宝石、靴。大勢の召使、華やかな舞踏会に綺麗で豪華な料理にお菓子の数々。舞台はベルサイユ宮殿。そして主役はまごうかたなき「フランスのじょうおうなのです!」
冒頭の「気だるそうに寝椅子に凭れて召使に足の手入れをさせながら、傍らの綺麗なケーキに指つっこんで、すくったクリーム恍惚としながら舐めるマリー」というカットはイメージのまんま。

帰りの私たちの会話(抜粋)。

「あのあとオスカルが『この方は生まれついての女王なのだ』って言うのよね」
「肩書きを買ったってあれ、ジャンヌだよねえ。噂話の内容も」
「『一切がわが身を御身がもとに導く』はどうしたフェルゼン!」
「脊椎カリエスってこれで覚えたよ・・・」
「ポリニャック伯夫人が若い!あれじゃロザリーのお母さんムリ!」
「要するに『なぜ神は私のような平凡な女にふさわしい、平凡な人生を用意してくださらなかったのだろう・・・!』って感じ?」
「『セビリヤの理髪師』は貴族をコケにしてるのにそれを王妃が演じるなんてって確かオスカルが激怒してたなあ」


どんな映画も史実さえも、二次創作。
私たちにとってすでに「ベルサイユのばら」こそがオリジナル。



以下、ちょっとネタバレというかもう少し詳しい感想です。

[ TB*0 | CO*2 ] page top
無神論という名の神
またワケのわからん小難しいことを言い出したよこいつ懲りねえなまったくと思ったあなた、管理人のことを知りすぎています。危険です。


太陽の周囲を回る、小さなティーポットの話をしましょう。

それを見た者は誰もいません。
けれど見た者がいないと言って、それは「存在しない」ことの証明にはなりません。

ではティーポットは存在するのか。

その科学的な証明もできません。たとえあったとしても小さすぎて望遠鏡では見えないし、実際に行ってみることも遠すぎて不可能です。

つまり「存在する」ことも証明はできない。

たとえば、このティーポットを信仰する社会があったとします。
聖なる物語として語られ、聖なる書物があり、伝統として受け継がれる。それが「神」です。

科学はその存在も不在も、証明することはできません。そうしたものはそれこそ数限りなくある。

「無神論」という名の神もそのひとりです。


R.ドーキンスの「無神論」より。
科学とはその程度のものに過ぎないということでしょうか。
真実に対し謙虚でなければならないと。



★昨日12時、本日17時の方、拍手ありがとうございました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/13(火)   CATEGORY: 日常雑感
電気羊は核戦争の夢を見るか
米ソって今は言わないんだよな。だってソ連じゃないから。関係ないけど、ベ平連(註1)とかもないよなあ。連帯は孤独に似ている(註2)、っつっても誰もわっかんねえしなあ(いきなりやさぐれ)。

今日ニュースを見ていて思ったこと。

アメリカとロシア、旧ソ連がこんなに結託する時代が来るとは思わなかった。その昔、米ソが冷戦状態にあって世界はその緊張の中にいたなんて、嘘のようです。当時の私たちにとって米ソが始めるであろう核戦争とそれによる人類の滅亡は、SFではなく遠い日に必ず訪れる現実でした。そういう映画もたくさんあった。「007」はもちろん「ターミネーター」も「デッドゾーン」も、アメリカの敵は必ずソ連と共産主義。

NATO(北大西洋条約機構)の敵はWTO(ワルシャワ条約機構)であり、エーベルバッハ(万年)少佐の仇敵はKGB(カーゲーベーと読むのだよ)の同志ミーシャでありました。おや懐かしい。

第三舞台の芝居には「核戦争三部作」なるものがあります。
世界の終末、核戦争、人類の滅亡は、ワンセットでした。
事実上平和を享受していながらもどこか脳裏にこびりついて離れない、暗示のようなもの。
湾岸戦争、9・11、イラク戦争は実際にあったのに、比べるとどこか実感がない。かつて第三舞台の芝居は、明るい虚無、明るい絶望などと評されることもありました。そんな時代だったのかもしれません。


註1:「ベトナム平和連合」とかいう人たちがいたような気がする。
註2:第三舞台の「朝日のような夕日をつれて」より。元はポーランドの壁に誰かが書いた「連帯」の文字が「孤独」に似ていたって話は本当だろうか。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/03/12(月)   CATEGORY: 日常雑感
驚いた。
昼ごはん食べながらケーブルTVのチャンネルをあれこれ替えていたら、いきなり有料チャンネルに「春を抱いていた。」が入っててビックリした。アニメの有料チャンネルだったみたいだけど、こんなジャンルもやるんですな。

・・・・30秒ほどでしたが見てしまった。よかった。誰もいなくて。
しかもタイミングよく?XXXなシーンが!
そして香藤役の三木さん(攻)の声が!あやしい台詞が!
惜しい!森川さん(受)も聴きたかったのに!(笑)
あわわわ。
ちなみに15禁でした。ええっ!てことは高校生は見ていいのね!
オ・ト・ナ・じゃーん!


ばんぐみひょうではつぎがじゃいやんとろぼでびーえるのあとだしよこやまみつてるだしこれはもしかしてしょたこんむけのあやしいばんぐみではないだろうかとかんがえすぎてどきどきしてたらぜんぜんちがうふつうのあにめのようでがっかりしたとかしないとか。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ありがとうございます!
今日は寒かったですね。薄着で出かけて失敗。
♪まだ季節浅く 逆戻りの天気もあるわ
なんて、ユーミンの歌を思い出しました(「まぶしい草野球」)。

なぜかティファールの鍋セット、思い切って買っちゃった。
ひとつ使ってみたら火の通りもいいし、すごく勝手がいいんですよ。で、他にも欲しくなっちゃって。セットで安かったので、つい。

嬉しいな~って、ロクな料理しないくせに!(笑)
でも取っ手の取れるヤツなので、
鍋のまま食卓に出せる!
鍋のままフタして冷蔵庫にも入れられる!


なあんだ、やっぱり私にぴったり!(笑)



拍手メッセージありがとうございます!

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/10(土)   CATEGORY: 日常雑感
コースの下見?
娘が実家に泊まったので、夫と二人でドライブに。
夫が行ったことないからと箱根へ行ってきました。

私もよく知らないので、とりあえず芦ノ湖へ。天気も良くて暖かく、ドライブ日和でした。でも路肩に雪があってびっくり。昨日降ったんでしょうか。

大涌谷では大地がもうもうと湯気を噴出す荒涼とした風景を見ました。ここの火山は活きています。人の力の及ばないものに惹かれます。
硫黄泉でゆでた黒タマゴを食べました。これで7年、寿命が延びた(笑)。

うっかり「箱根って言えばエヴァよねー大涌谷ってもしかしてマグマダイバーの場所?(うろおぼえ)」とか言ったら夫に沈黙されました。ヲタク丸出しも自重せねばなりません。

帰りは芦ノ湖スカイラインから箱根スカイラインを通って、東名の御殿場へ抜けました。実はスカイライン出たあとの道が、ものすごい峠道なんですよ。いわゆる高速・中速ゾーンがほとんどない。カーブつなぐだけの連続が多くて、左右に振られっぱなしで久々に気分が悪くなるほど。道幅もときどき一車線になるんです。路上にはドリフトの痕かブラックラインがいっぱい。
まさか、ここがプロD今度の舞台?神奈川第二の防衛線?!
なんて、夫と盛り上がっちゃいました。この狭さ、NSXにはきつすぎてハチロク有利!涼介に教えてあげなくちゃ(笑)。

というわけで、ちょっと遊びすぎてへろへろです・・・ごめんなさい。いろいろお返事、明日ゆっくりさせていただきますね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DREAM GIRLS
金曜モーニングショー割引1200円で観てきました。
ジェニファ・ハドソンがアカデミーの助演女優賞をリンコと争い(案の定)獲得した、今話題の映画。

一言、言わせてもらえば。
ハドソンは助演じゃない。どうみても主演だ。

彼女を始めとしたキャストの歌唱力は認めます。
でも演技という点ではちょっと疑問符。
ブロードウェイの名作ミュージカルだけあって脚本も物語も、もちろんナンバーもそれぞれ素晴らしい。
それだけに、映画としては中途半端な印象が惜しい。

そうは言ってもこれは久々に映画館で鑑賞すべき映画だと思いました。
大画面とフル音響で、コンサートを楽しむように楽しめる。
ダイアナ・ロス&シュープリームスがモデルだけあって、懐かしのモータウンサウンドからディスコ、R&Bと多彩で素晴らしいブラックミュージックのナンバーが堪能できます。とりあえずサントラが欲しくなりました。
物語も、歌と愛をめぐる女たちのパワフルな生き方に心を動かされます。観終わって少し苦く、いわゆるハッピーエンドではないのになぜか元気が出る。女性同士で観て、美味しいものを食べながら感想を喋りたい。そんな映画です。


さて、もう少し詳しい感想を以下に。
読みたい方だけどうぞ。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/08(木)   CATEGORY: 日常雑感
ぞうさんがすきです
今日のTVチャンピオンは引っ越し王選手権。
運送屋さんのユニフォーム姿と爽やかな笑顔に萌えた。
サカイなんかパンダですよ。ゾウさんvsパンダ。萌える。
個人的にサカイの人が好みだ(どうでもいい)。

しかも奥様のかゆいところに手が届きまくるような気配りの数々。
壊れ物をやさしく丁寧に扱う指先(なんかヤラシイな)。
松本さん・・・!名前にまで無駄に萌えます。「気配りの松本」とか言われてるよ!

最近、見境なくてすいません・・・。
(ちなみに勝ったのは松本さん)


★Nさま
涼介。「ターゲット・ロック・オン」。赤城の一匹狼から高崎の連れ込み狼へと変貌し・・・。頑張れ!!涼介。ミスは許されないぞ。勝利こそプライド。手段は選ぶな。エールを送らせて貰います。

おお、力強いエールありがとうございます(笑)。ふふふ。でも今回スンナリとはいかないかもですよ。ウダウダでダメダメで、ジタバタあがく涼介が裏テーマですから。弱いのに弱さを自覚してない男があがく姿って萌える(笑)。


★昨日17時、本日0時、14時、17時の皆さま、たくさんの拍手ありがとうございました!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
本日の更新
頭文字Dにて、「冬の花火」第5章になります。
涼介は自己欺瞞が激しすぎてきっと見えるものも見えなくなるタイプだと思います。
今、個人的に激しく涼介に傾倒中。おそらく一般的な評価とは違うとは思いますが。いや、実に「可愛い男」ですよ彼は。


3月のスケジュールを勘案するに、結構自由になる時間が取れないことに思い当たり、焦っております。ちなみに昨日は夫が久々の一泊出張だったので夜中に書こう!と思ったのに、2時までしか起きていられませんでした。もう徹夜なんかできない・・・。幾ら楽しいことでも、体は正直。

実は来週一週間がダメだと思っていたんですが、予定がずれて余裕できたので頑張ります。まず「冬の花火」終わらせて、それから参加企画のほうを。こっちは兄弟拓でいく予定です。今二つほど練ってるので、提出しないほうはサイト公開に・・・できたらいいなあ(弱気)。

以上、覚書ついでに今後の予定でした。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/06(火)   CATEGORY: 萌えるんです。
今週のD
基本的に連載を追わないコミックス派ですが、今週のDは久々に来ましたよ。ネタバレのブログ読むだけで萌えた。
とうとうガマンできずに出社途中のコンビニで読もうと探してたらD坂を上がったところに711があった!と思い出しました。いつもなら息も絶え絶えなのに、今日は足取りも軽いわ!

ウキウキと飛び込んだら、なんと売り切れ。その途端、死ぬかと思いました。

まあ帰りに別のところで読めたんですがね。
ではでは、以下ネタバレにつきイヤンな方はサヨウナラ。


★昨日11時の方、拍手ありがとうございました。
(妙なノリではさんじゃってスイマセン)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/05(月)   CATEGORY: 日常雑感
春嵐
外は春の嵐です。
激しい雨と風の音がします。
季節が変わっていきます。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/04(日)   CATEGORY: 日常雑感
吉野梅郷梅祭り
今日は久々の遠出です。青梅の吉野梅郷まで、梅の花見と洒落こみましたよ。

昨年偶々通りがかった梅祭り中の吉野梅郷があまりに素晴らしかったので今年は早くからチェックしていましたが、やはり暖冬の影響で花も祭りも早く始まりました。3月始めの今日、場所によっては見ごろ、全体にはまだ五分から八分といったところでしょうか。

梅の名所は確かに多いのですがここの特筆すべきところは、町全体が梅の花で溢れるところでしょう。農家の梅林はもちろん普通のお宅の庭先にも丹精されている梅の木があり、それが一斉に咲くのです。去年本当に満開の中訪れたときは、空気に清涼な花の香が満ちて感動したものです。今日はまだ少し早かったけれど、それでもやっぱり吹く風に密やかな匂いがあり、春を堪能できました。丘の斜面に沿って梅木ばかりが植樹された公園でお弁当を食べ、散策しましたが、ここも春霞のような紅白や薄紅薄黄色の梅の花を楽しめました。

SN340020.jpg


町の方も梅を大切にされているのでしょう。庭先の梅もそれぞれいいし、何より皆さん親切でした。きっと梅の花と花咲くこの郷土が誇りなんでしょうね。こういう生活も素敵だなと思いました。

帰りは定番の日帰り温泉へ。去年は奥多摩の「のめこい湯」まで行きましたが今は休業中(リニューアル工事にトラブルがあった模様。関東随一の泉質を持つ温泉なので残念です。早く復活して欲しい)。

ということで今回は日の出町の「つるつる温泉」へ。
初でしたが、ここも泉質はよかったですね。お湯がつるつるというより「ぬるぬる」します(って言うと気持ち悪いなあ・笑)。いや気持ちよかったですよ!
個人的評価として泉質ベスト3は
三太の湯(茨城)<つるつる温泉(東京)<のめこい湯(山梨)
といったところです。ご参考までに。

買ってきた小さい梅の盆栽が、部屋でいい匂いをさせています。
夜、ふと漂う梅の香はどこか妖艶さがありますね。
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/03(土)   CATEGORY: 日常雑感
女の子のお節句
♪灯りをつけましょ モンゴル人。

ボキャ天復活を心から願う管理人です。こんばんは。
爆笑問題は出てくれるだろうか。

今日は雛祭り。桃の節句。女の子のお祭りです。
お雛様を飾ってご馳走を作ってお祝い・・・・しませんでした。もうお雛様を出すのが面倒に・・・!(泣)夕食も外でお寿司食べちゃったし!こんな母でごめん。でもお雛様って、実は自分自身昔から思い入れがないんだよな。なんかもう、女の幸せを願うってのがどうも肌に合わないというか(いやな子どもだ・笑)。

はまぐりはその貝殻が他の貝とは絶対に合わないことから、夫婦和合の願いをこめて、この節句に用いられます。古来から女の幸福というのはここに尽きるということなんでしょうね。だから、そういうのが嫌だtt(略)

とか考えてたらこの日にウタダさんが離婚
やっぱりね!が日本中に渦巻いたといいます。
彼女の両親は結婚・離婚を繰り返してきたというし、きっと私が思うより気軽な価値観を持っているんだろうな。どちらがいいのかはわかりませんが。


★昨日22時の方、拍手ありがとうございました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/03/02(金)   CATEGORY: 萌えるんです。
義兄弟
ハードカバー上下巻で、家にあってもなかなか読み進めなかった高村薫女史のクライムサスペンス大作「レディ・ジョーカー」。最近某所でものすごい萌えどころがあると知り、開いてみました。

ななななんですかこの義兄弟は。
これ、いいんですか?よかですか?

刑事の合田雄一郎(義弟)と検事の加納祐介(義兄)。合田と、祐介の双子の妹はかつて結婚していたが離婚。それ以来、祐介が合田の面倒を甲斐甲斐しく見たりしているのです。離婚した妻と双子の兄ですってよ奥さん!
まあ本筋には関係ないというかあるというかでもどの書評見ても無視してるというかフジョシだけが食いついてるというか・・・・でも決してこれがやましい深読みではなくきちんと心理として描写されていますから本当。

要するに高村女史は同志ですか。
これはもう公式設定なんですね?

確かにこのような描写は多々見られますけどねえ。「李歐」「マークスの山」「黄金を抱いて飛べ」なんか。彼女は作品において共通の題材が明確な作家ですがおそらく故意なんでしょうね。他にもキリスト教、下町、鉄工所、瑣末だけど女性の生理なんかもそう。

しかしこのような企業や社会的なテーマが重厚なミステリで、こういう人物を書いているのはある意味凄い。大胆です。
ちなみに衝撃のあまり「今日の名言」に加えてしまいました。当たった方には愛の祝福があることでしょう(嘘)。



★Yさま
冬の花火、背徳感いっぱいの怪しい雰囲気がたまりません。今後の展開に期待します。

ご期待ありがとうございます。ただでさえ現実的な制約が多い涼介に、さらに重荷を背負わせてしまいました。よく考えるとDの中で彼がいちばん可哀相な人物じゃないかと思います。でもこれはメロドラマだから!障害は多くて重いほど愛は燃えあがるものなの!(笑)
えーなんだかあれこれ他でも急展開ですが(笑)とっても楽しく嬉しいです!(でも恐縮)これからもよろしくお願いします!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。