FC2ブログ
忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「バベル」
日比谷スカラ座でレディースデイ1000円にてF子ちゃんと見てまいりました。アカデミー賞作品だけあって、さすがに見応えのある映画でしたよ。

物語はモロッコ・メキシコ(とアメリカ)・日本という、全く違う場所でそれぞれの人々によって展開されていきます。ストーリー運びと場面の構成が巧く、長い映画ですが飽きさせません。

「バベル」というタイトルが、この映画のすべてを語っていると思います。天へ届こうとした人間の傲慢に対し下された神の罰は、塔を打ち壊し、その言葉を分けたという旧約聖書の物語。けれどここで描かれるのは神と人の物語ではありません。

人と人とを本当に分かつのは、いまや神ではなく私たち自身なのです。

同じ人間同士が理解しあえないことが悲劇を生みます。
言葉だけではありません。国や民族や生活の違い、あるいは法や制度や価値観が、理解を阻むことがある。そして何より近いはずの夫婦や家族でさえ、本当にはわかりあえないことがある。そんな物語が淡々と映し出されていくのです。

ただ、それぞれの物語が収束していくラストには、正直物足りなさが残りました。多くは語られないまま終わり、作品的結末としては首を捻らざるを得ません。特に日本パートのかかわらせ方には、最後まで違和感があります。メッセージは確かにあるのですが。

「悪い人などいないわ。愚かなことをしただけよ」

作中の台詞ですが、象徴的な言葉だと思います。
誰しもがそれぞれの思いを抱いて懸命に生きているのに、わずかな変化が思わぬ場所で思わぬ人の生き方を変えることもある。人間の愚かさを描いてなお、愛を感じる作品だと思います。



以下、余談。
なんとなく全体に「パームシリーズ」の匂いがしました。
こんなこと考えるのは私くらいか。でもそう思ってたらJBの台詞「悪い人間などいない。一緒にいられない人間がいるだけだ」に近い言葉も出てきてびっくり。さまざまな人生がかかわりあって美しい文様を描くという、あの世界観に似ている気がするのです。パームファンの方には一見をお勧めします。
リンコさんの体当たり演技は凄かった。どう凄かったか、ぜひ映画館で確かめましょう。ていうかあれじゃただの欲求不m(以下自粛)





★本日13時の方
不在中にいっぱいの拍手ありがとうございます!本日、いい映画を見て栄養補給してきましたので、また頑張りますね!





スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。