FC2ブログ
忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
役に立たないイタリア旅行記・序
今日は起きたら昼でした。ああ高く昇った太陽が眩しい・・・。
絶賛時差ボケ中の管理人です。眠い。

ローマのフィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)を30日朝10時に出発して、31日の朝8時に成田着。フランクフルトのトランジットを除き13時間ほど機上の人でありました。
ただ意外と苦ではなかったですね。昔乗った時より機内の設備やサービスがよくなったのかもしれません。今回、スターアライアンスというルフトハンザとANAの共同運航便で日本人CAも多いし、おにぎりなど日本人向けサービスもあり、快適でした。長旅ですから機中でリラックスできるかどうかは大事なことですよね。

8日間の行程でイタリア滞在は正味5日。
ミラノから入り、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマと北から南まで、駆け足の旅でした。
古希祝いの母と、娘の初イタリアだったので、とにかく重要ポイントを押さえたツアーを選択。比較検討の結果、今回HISのツアーでしたが、とてもよかったと思います。ツアーは添乗員の力量が大きいんですよね。その点でもたいへん素晴らしい方に当たりました。宣伝じゃないですよ(笑)。

1月という時期、イタリア旅行はオフシーズンでツアー価格が底値10万円を切る安さ。実はほかにもいいことが多い。人気がない一因の寒さは、温暖化の影響か東京よりも暖かいくらいで問題なし。南のローマでは日差しが強く、春めいた陽気で汗ばむほど。昼間は半袖の人もいました。

ヴァチカン美術館やウフィッツィなど夏は2時間待ちのような場所もほぼすぐに入れて、中もさほど混雑がなくゆったりと見ることができました。
フィレンツェのパラティーナ美術館ではラファエロの「椅子の聖母」を、ローマのフォロ・ロマーノでは巨大なバシリカを、本当に独り占め。
ボッティチェルリの有名な「春」「ヴィーナスの誕生」は、ほとんど顔をつけんばかり(イタリアでは展示品が非常に近くで見られます)(触れそう)(触らないけど)にして数分間にわたり、いやらしいくらいに凝視。
去年上野で公開され連日長蛇の列だったため諦めた、ダヴィンチの「受胎告知」だって、間近でひとり舐めるようにじっくり。ああ、なんという贅沢でありましょうか。思い返しても倒れそうです。

そして今は有名なヴェネツィアを始めカルナヴァルの季節。
わたしも華やかで陽気な、特別な雰囲気を味わうことができました。外人コスプレ大会だなんて言いません。

さらに特筆すべきは冬物のバーゲン期ということ。
ユーロは確かに割高ですが、街はSELDI(セール)の文字であふれ50%~70%offは当たりまえ。可愛くてお洒落な子供服が1000円もしないのでまとめ買い。
FURLAのバッグもローマ三越のセール品はかなり安かった。日本で買ったら4~5万のものが2万円を切ってました。専門店のほうがセールではなかったせいか、日本人ツアー客が来るたび次々売れて、棚があっという間に空になる(笑)。
ブランド品に興味がなかったので、帰ってから調べてびっくり。もっと買っておけばよかった。商売できたのに!(笑)

物価そのものは東京と同じか、ものによってはやや低いぐらい。観光地価格だと考えればむしろ妥当です。2月以降はヨーロッパでも修学旅行の学生が増えるということで、そういう意味でも穴の時期。

仕事を持ってたらなかなか休めない時期ですが、底値でも決して安かろう悪かろうというのではないので、もし可能ならぜったいオススメです。


朝から晩まで、体中それこそ五感をフル稼働して、イタリアを詰め込んできました。

あまりにも大きく、美味かつ滋味に富むため消化に時間がかかりますが、少しずつ、わたしの見たもの、得たものを、記録の意味でも記しておこうと思います。もしご興味があればおつきあいください。これからイタリア旅行を考えている方、イタリアに関心のある方に、おそらくはまったく役に立たない旅行記です(笑)。


★管理人留守中にもかかわらず、多くのご訪問や拍手をありがとうございました!

★F子ちゃんお言葉ありがとう!無事帰ってきたよ!おみやげ待っててね~!

スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ