忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/04/30(木)   CATEGORY: 日常雑感
フェイズ5
あっという間に、パンデミックが目前に。
ただこれから日本は夏。ウイルスが休眠するという間に、ワクチンや特効薬などを備えておけるといいのですが。

このところTVで見るオカダ氏とネロメ氏。
新型インフルのパンデミック本を何冊も出した「権威」オカダ氏、その恐ろしさを熱く強調されるのですが聞くほどになんだか釈然としなくなってしまうのはなぜ。

対しネロメ氏はときにユーモラスとも言える表現を交え、淡々と語られるのに、妙に説得力がある。
興味を惹かれて調べてみればなかなかの人物でした。
90年代初め「戦勝国でのみ構成され日本のような敗残国は相手にしない」「アメリカ主導の」WHOを相手に、怯むことなく日本の実力を堂々と誇り、渡りあったらしい。

氏によれば、新しいインフルエンザが出現すると古い型のインフルエンザは「権限委譲して消える」のだそうです。限界のあるワクチン生産は新型に向けて注力すれば良い、とも。

ウイルスは進化し、生き延びようとする。でも人だって負けてはいない。
新しい「敵」が見えた今、闘い方も見えてきます。闇雲に怯えるだけではいけない。
彼ヲ知リ己レヲ知レバ、百戦シテ危ウカラズ。(孫子)


★拍手ありがとうございます。
負けてらんないのよ!ウイルスなんかに!@アスカ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/04/29(水)   CATEGORY: 日常雑感
快晴
GW初日は、いいお洗濯日和でした・・・(笑)。
娘がちょっと風邪気味なので、今日は家でまったり。
お休みはまだまだこれからです。
体力と予算、温存(笑)。


★拍手ありがとうございます。
外でも家でも気持ちのいい日でした。昼寝しちゃった。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/28(火)   CATEGORY: 日常雑感
黄金週間
我が家は明日から夫の連休開始でいよいよGWモード。
なのに予定がない。なんかもうだいたい行きつくした感じ・・・?(笑)
遠出するには高いし混むし、これといって何がしたいということもない。
ひおしがり(江戸弁)も連休中は潮がいまいち。
あ、でも磯遊びはしたいかな。カニ釣りとか。
高速上限1000円を利用して、青森弾丸ツアー(高速を往復するだけ)(サービスエリア車中泊)(ひどい)を企画しましたが、誰も賛成してくれませんでした。
まあでもきっとどこかには行くでせう。
せっかくのGW、気の向くままに楽しもうと思います。


★拍手ありがとうございます。
行楽のお友に、「利己的遺伝子」携帯版。
大渋滞の疲れに。SAの長いトイレ待ちに。ぜひどうぞ。

★mさま
愉しんでいただけましたか。・・・全裸で。  ←失礼
昔のネタ、ご存じだったかのな?
若気の(どこが)至りでお恥ずかしい(笑)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/27(月)   CATEGORY: 日常雑感
古くて新しい脅威
突然あらわれた豚インフルエンザの恐怖。
遠いメキシコの話とばかり言ってはいられない。
世界が複雑に緊密に繋がる現代だからこそ、より恐ろしい。

ウイルスや細菌との闘いはもっとも古く、また常に新しい脅威であり続ける。
極小の存在が人類にとって最も警戒すべき相手。
今回タミフルなどが効くらしいのは救いですが本当でしょうか。
パンデミックは避けられるのでしょうか。
とりあえずマスク買ってこなければ。


★拍手ありがとうございます。
気を取り直してGWですよ。様子を見つつ、でも楽しみましょう。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
録画でGO
●「蒼天航路」
モーニング連載で読んでました。三国志ブームに乗ったアニメ化ね。
見た感じ原作漫画に忠実で可も不可もない。
曹操が主役で青年期が高潔な傑物に描かれていますが、声が宮野守@ライトだ!
騙されないぞ!(笑)

●「東のエデン」
リアルでハードな攻殻的世界と、ファンシーでポエムなハチクロ的人物が奇妙な違和感。
でもそれがだんだん快感に?(笑)
豊洲の新しいシネコン(廃墟だけど)と、歌舞伎町の潰れた新宿コマ前の古い映画館街の対比は、映画好きな神山監督の仕掛けかな。
ちなみに今回のアレは「グラン・ブルー」よね。イタリア男丸出しのジャン・レノがいい味だった。

●「戦場のメリークリスマス」
なぜかHDに録画されていたという謎。
お若いフジョシの方、まだ見てなければこれは必見ですよ。801の精神これにあり(え)。
脂の乗り切ったボウイ様の美しさ、破壊的魅力全開は言うまでもありませんが、今見ると微妙なサカモト教授演じるヨノイ大尉の乙女っぷりに涙。ビートたけしが素晴らしくいい。名作ですな。

オノ・ナツメ「リストランテ・パラディーゾ」も録画したかったんだけどちょっと勇気が不足(笑)。

備忘録。パーム「蜘蛛の文様」三巻、今日発売。


★拍手ありがとうございます。
逮捕時に「シンゴー、シンゴー!」って叫んだと聞いて フ ラ グ 立ちました。
つよし「来いよな・・・いっしょにやろうぜ。  ・・・全裸で」
チョットだけよ。アンタも好きねえ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/23(木)   CATEGORY: 日常雑感
裸になって何が悪い!
流行語大賞決定。「覚えていないが反省している」もなかなか。

いや驚きました朝から。
まさかアナログ放送より先に彼が見られなくなるとは(笑)。
各方面に影響は多大ですが、でも内容的にはちょっと失笑ものですよね。
全裸でビニルテープでぐるぐる巻きにされて連行ってそれどんなネタかと。
いやその前に全裸であぐらかいてたらきっと土が付(自粛)
暴れたっていうからきっと左右に揺(自粛)
下品ですいません。


★拍手ありがとうございます。
つよし「今夜は本気の全開ドライブだ!・・・・全裸で」
(シャレにならない)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/22(水)   CATEGORY: 日常雑感
お休みの日
久しぶりにひとり平日のお休みでした。
といっても言葉をこねくり回してただけかな。
まあそれが愉しいんですけどね。

やっと「イノセント」更新。思いのほか時間がかかる。
気づけば一年がかりです。それなんて大河。

ユッコさんの悲報にショック。
「お元気ですか」最近口ずさんでたのに。
「亀は置いて行きなさい、亀は」とか、昼ドラの子供取り違えドラマによく泣いたとか。
明るくて優しいおかあさん役の似合う人だったのに。
肝っ玉かあさん京塚昌子もそうだけど、実人生との落差に思わず涙。

「女の子ものがたり」映画化!
ってそれサイバラだった。森脇さんじゃなかった。そっちは「おんなのこ物語」か。
ちぇ(舌打ち)。


★拍手ありがとうございます。
心強いです。お礼は何がいいかしら。
あなたが落としたのは金の啓拓ですか。それとも銀の涼拓ですか。
え普通の鉄の京涼。まあなんて正直な人でしょう。
(意味不明)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/21(火)   CATEGORY: 日常雑感
粛々と
和歌山、毒入りカレー、ヒ素、そしてハヤシマスミという名前と、顔。
当時、強烈な印象を残した事件です。
町内会のお祭りでふるまわれた手作りカレーにヒ素が混入され、何の罪もない人たちが亡くなり、そして町内に住むひとりの主婦が逮捕された。
当時から彼女は冤罪を主張し続け、けれど今日、最高裁で死刑が確定した。

誰も彼女を信じない。
無実を声高に叫び、泣きわめくほど、社会は彼女を糾弾する。
非道な殺人者、真実の罪人として。
少なくとも彼女は「失敗」したのだ。
人々の愛を、同情を、得ることに。
それに長けていたなら、あるいは結果は違うものになったかもしれない。

確かに事件は起こり、そこに確かに「罪」はある。
「真実」はわからない。それでも人は人を裁かねばならない。
裁判官であろうと裁判員であろうと、また無関係で無責任な立場の者であろうと同じだ。
その「業」を、わたしたちは粛々と引き受けねばならないと思う。


★拍手ありがとうございます。
今日は仕事中に啓拓の神が降りてきて困りました。
本誌にいたと思ったら、ここにも(笑)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/20(月)   CATEGORY: 日常雑感
I don't like Mondays
だからって撃ちまくったりしませんけども。
日曜日に遊び過ぎて月曜日がツライのはわかる。

でも夕飯のアサリ味噌汁の美味さに癒される。
身はぷっくりして大きいし、コハク酸たっぷりのダシが美味。
そろそろ今年もひおしがり(註:江戸っ子発音)の季節ね。


★拍手ありがとうございます。
アサリ、旬ですよね。いつ行こうかなあ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/19(日)   CATEGORY: お出かけ。
本日の釣果。
オタマジャクシ5、小魚3、ザリガニ1、ドジョウ1、エビ多数。

春の水元公園に行ってきました。ええザリガニ捕りに。
どんだけ好きなんだ。
釣果といっても正確には網ですくったのがほとんど。
あでもザリガニはタコ糸と木の枝とサキイカで釣りましたけどね。
本当はヨッチャンイカがいい。で、一匹釣れたらそいつを餌にして(以下略)

泥の溜まった水路を夢中で浚いまくる母子。
周りも同じような人でいっぱいでしたがね。
童心というよりは本能を刺激されるというか(笑)。
重い泥を掬い上げて獲物を探す作業はほとんど労働。
ひと汗かいたわたしたちに滴るような新緑と、爽やかな川風が気持ちいい一日でした。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/18(土)   CATEGORY: 日常雑感
キターーー!!
給付金の書類がようやく手元に。
ってこれ返送して、手続き済んで振り込まれるのっていつなのよもう。

しかしなんというアナログさ。対応も遅すぎる。
今だにこんな方法しかないのか?
これからの時代、今回みたいに「全国民に」知らせるとか送るとか、あるいは条件で絞り込んだ人々に何かアプローチするとか、必要なんでは。そういうときデジタル化・ネットワーク化で迅速かつ正確にできるような体制じゃないと困るよね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/17(金)   CATEGORY: お出かけ。
ごらんあれがルーベンスの(ry
F子ちゃんのお誘いで、国立新美術館ルーヴル展に行ってまいりました。
いつもありがとうF子ちゃん。おかげで久々にのんびりと贅沢に休日を味わえましたわ。

ルーヴル美術館の膨大な所蔵の中から、「子供」にかかわる作品に絞った、ちょっと変わった展覧会。
子どもへの愛や母子の情愛を表現した彫刻や絵画は、古代エジプト、オリエント、ヘレニズム、ルネサンス、フランドルなど、時代や国を超えて、同じでした。
エジプトの少女のミイラと小さな棺、墓碑に添えられたあどけない幼子の彫刻。幼いわが子を失った親の悲嘆が見えるよう。
キューピッド像に見るような幼児の愛らしさ、また少年と少女の、子どもでも大人でもないある時期特有の美しさなども、古代から多く表現者の心を捉えるものであったようです。
そんなあやうい、はかない美しさを、永遠に石にとどめる少女の彫像に、わが娘がよく似ていると思う親馬鹿ひとり(笑)。

名作を喧伝する展覧会ではないので混雑はそれほどでもないけど、実はティツィアーノの聖母子も見られます。
ルーベンス(こっちは素描)(見つけるたびにパトラッシュに話しかける不審なわたしたち)(ごらんあれがルーベンスの絵だよ)もこっそりあったりして、ちょっと得した感(笑)。興味のある方はぜひ。

お昼前に見終わって、ランチは美術館内のポール・ボキューズで。
ここはいつでも長蛇の列で諦めていたんですが今日はたまたますぐに入れたのでちょっと贅沢に。
といってもいちばん安いランチセット(笑)。それでもやはり美味しいものは美味しい。やわらかいチキンにマスタードのソースが合って、添えたリゾットがまた丁度いい。ご自慢のクレームブリュレもさすが。

芸術の美味に食の滋味を堪能しました。
でも気の置けない友人とのおしゃべりは何よりのご馳走。
出かせぎが終わったらまた遊んでね!


★拍手ありがとうございます。
やっぱり美術館は平日がいい・・・贅沢ですけどね。
年齢層の高さも半端じゃないです(笑)。何、わたしたちなどまだ小娘ですよ。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/04/16(木)   CATEGORY: 日常雑感
新番組
今から「BOSS」見ます。
アマミユウキ好きなんです。
余分三兄弟出ないかな(出ません)。
ミゾハタくんもいいね。

深夜のノイタミナ「東のエデン」。
攻殻SACの神山監督とキャラデザイン羽海野チカ。
先週の第一話、おらワクワクしただ!今日も引き続き楽しみ。
主役がハチクロ森田にしか見えない件は内緒です。


★拍手ありがとうございます。
だから裁判は難しい。でもそれに参加することはわたしたちの「権利」でもあるんです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/15(水)   CATEGORY: 日常雑感
無罪は無実とは違う
冤罪という結果になりましたが、彼が「痴漢をしていない」ことの証明がされたわけじゃない。
実際、誰の側に立って誰を信じるかで、この見方は大きく変わる。
訴えた女子高生が自分や友だち、妹や姉や、娘だったなら。

裁判は必ずしも「真実」が明らかになって「唯一の正義」が行われるものではなく、ただ社会のルールや価値観に則って諸問題を解決する場であると、わたしは思っています。
今回は出そろったカードの色が、黒よりも白が多かっただけ。
彼を知る人、周囲はむろん最初からの無実をこれからも信じてあげればいい。

誰も見ていない、客観的な証拠もない、疑わしきは罰せず。
もし痴漢をして同様に捕まっても、証拠も目撃証言もないなら、最後まで白を切り通せば無罪放免。
冤罪被害者と騒ぐマスコミと世間の同情つきで。

始めから「被害者」はいるのに。
冤罪を生んだ「加害者」になり、あるいは犯罪事実さえ疑われるかもしれない。
そのとき彼女の尊厳はどう守られるのだろう。

痴漢は、電車やバスなどで通勤通学をした女性なら、ほとんどがその被害に遭ったことがあると思う。犯罪被害率から言ったら相当なもののはずだが、誰も今さら騒がない。「痴漢は犯罪です」なんて当たり前のことを言わなくちゃならない。
他人から見えないように、混雑や体の密着に乗じてわからないように行う卑劣な行為。それが痴漢なのに、被害者はこれからどのように証明を立てればいいのか。

それでも声を上げ、行動に出ることは、しなければならない。
痴漢冤罪の被害者を生むのは、実際に痴漢という犯罪行為があるから。
そこを忘れてはいけないと思う。


★拍手ありがとうございます。
昨日はアンケート回答もいただきました。
ハンタ作品、楽しんでいただけたでしょうか。すっかりアーカイヴ状態で申し訳なく。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/13(月)   CATEGORY: 日常雑感
お疲れ
昨日の遊びすぎがたたって、今日はすっかりお疲れモード。
やはりトシですな。
だが反省も自重もしない(・・・)。


★拍手ありがとうございます。
「げんぢ」にいただいたんでしょうか。格調高きエロスはぜひ原典で(笑)。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/12(日)   CATEGORY: お出かけ。
山笑ふ
春山は淡治にして笑うが如く

今日は一日山梨県満喫の旅でした。
日の出をほったらかし温泉で迎え、周辺の桃園で盛りのまさに桃色の霞のような桃の花を鑑賞しつつ、富士山へ。今シーズン開通したばかりの富士スバルラインで五合目まで。
下りた後は山中湖畔でほうとうを味わい、河口湖へ戻って小魚や水鳥と遊ぶ。
桜も満開のところがまだあって桃と桜を同時に花見という贅沢。
意外といいところいっぱいなんですねえ山梨。
父の実家が塩山なんですが、昔はこんなに面白いところじゃなかったですよ(笑)。
ハチロクもFDも見たし、ドライブ日和に誘われてか走り屋さんもいっぱいで楽しい。
新緑も花も、温泉も山も明るい陽射しにまだつめたい風も気持ちいい、春の一日でした。


★拍手ありがとうございます。
昨日の日記はこういうことだったですよ。って想定内?(笑)
げんぢは光の君が悩みどころです(え)。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/11(土)   CATEGORY: 日常雑感
明日は
日の出前に出かけるので、もう寝ます。
おやすみなさい。


★拍手ありがとうございます。
「Dで味わう古典名文」シリーズ、次回は第二回配本「げんぢ物がたり」。
「いとやんごとなききはにはあらぬがすぐれてときめきたまふ」拓海が、帝・涼介から「人の譏をもえ憚らせたまはず、世のためしにも成りぬべき御もてなし」というほどの御寵愛を受ける名シーンをお届けします(嘘)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/10(金)   CATEGORY: 日常雑感
肝を冷やす
魂消るというか、抜けた。

昨日、近所で火事があったのですよ。しかも仕事中に。
オフィスの窓から皆が見ている方向に、モクモクと高く上がる黒煙。

ってウチの方角じゃないの!!

慌てて見に行ったらそのあたり一帯煙でいっぱい。
我が家でも同じマンションでもないとわかったとたん、力が抜けた。

火元はマンションの二軒隣でした。
このあたりは古い家が密集した下町で常に災害危険度トップを争うような地域なので、何より延焼が怖い。実際、路地が狭くて消防車が入れず、表通りから100m以上ホースを伸ばして消火していました。
煙は凄かったですがそのあとまもなく鎮火したようで、人の被害もなかったみたいです。
留守中に近所の火事を目撃するなんて、家じゃなくても本当に心臓に悪い。
今は乾燥しているうえ風も強いので危険です。
皆さまも火の元にはじゅうぶんご注意を。


★拍手ありがとうございます。
こんな一件があって、夜はもう力尽きてました。温かい一打に癒されます。いやもうマジで。
枕のさふし、愉しんでいただけましたか。春夏秋冬それぞれ趣がありますね。
あはれとをかしの意味の違いを、じっくり味わってみましょう。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/08(水)   CATEGORY: 小咄
枕のさふし
民明書房刊 「Dで味わう日本古典の名文」シリーズ 
第一巻配本 『枕のさふし』 より冒頭 抜粋             



春は涼拓。
やうやう赤くなりゆくほほ、少し明りて、紫だちたる縞の細くたなびきたる。

【訳】
春は涼拓(がよい)。
(涼介の前では拓海の)頬が次第に赤くなる。(拓海の表情が)少し明るく見えるのは、(2ndステージで涼介が着ていた)紫の細い縞(のシャツ)のせいであることよ。


夏は啓拓。
月の頃はさらなり。闇もなほ。
車の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。

【訳】
夏は啓拓(がよい)。
月明かり(の野外)はさらに(趣がある)。闇(の中)ならなおさら(よい)。
(夜の峠でチームの)車が(すぐ傍に)多く集まっていたり、あるいは(最中に)一、二台ライトをぱっと照らして(傍を)通り過ぎていくのも(刺激的で)面白い。
雨などが降って(濡れながらする)のも情趣がある。


秋と冬に続く(追加)。


★Eさま
ご賛同ありがとうございます。
桜、ドキドキしますよね。いろんな意味で(笑)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/07(火)   CATEGORY: 日常雑感
新学期
娘の進級・新学期にわたわたしてるうちに、世間が動いてました。
まあ何も落ちてこなかったからいいか。

個人的には、感染源特定のハリセンボンの人が心配です。
もともと結核っぽいというか労咳って感じですが。


★拍手ありがとうございます。
桜はわたし的に、涼拓のイメージなんですよね。携帯サイトにもありますが。
涼介ひとりだと、沈丁花とか、白梅。あるいは野生の山百合。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/05(日)   CATEGORY: お出かけ。
お花見2
今日は地元でお花見です。
大踏切の向こう側(わかる人しかわからない・笑)に、ずっと続く桜並木を見てきました。
結構見ごたえあると思うんですが、地元の人しかいないんですよね。

道の両側から大きく張り出した桜は満開。
穏やかな日和にもときおり吹きつける強い春風に、ざあっと花びらが散る。
白い桜吹雪の美しさに思わず見惚れます。
娘はしかし、桜は気取っている感じがするとかで、好きじゃないらしい。
満開に咲き誇る桜の花には、確かにどこか傲慢さがある。
その根が抱くのは死体か、業か。

途中、なんと駐車場に停まる黄色FDを発見。
最近聖地でもなかなか見かけないのに、地元侮るべからず。
東大バカばっかりもとい灯台もと暗しですな。


★拍手ありがとうございます。
お花見、もう行かれましたか。そちらの桜の下には何が埋まっているのでしょうか。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/04(土)   CATEGORY: お出かけ。
お花見
というかオタマジャクシ捕りというか。

お弁当もって清水公園まで行ってきました。
満開の木もあったけど、全部にはあとちょっとかな。
小川でほとんどザリガニとオタマ捕りに熱中してしまった。
春ですね(こんなところで)。


★拍手ありがとうございます。
昨日は衝撃でした。それなんて ケ ー タ イ 小 説 ? 

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/03(金)   CATEGORY: 日常雑感
阿鼻叫喚
案の定、某所コミュニティが大変なことに。
けっ・・・結婚なんて、少しもショックじゃないんだからねっ!
むしろ記者会見の髪型が(中略)
まあ顔と声が変わらないなら、それでいいです(ひどい)。
涼介さんが結婚したわけじゃあるまいし(混同)。


★拍手ありがとうございます。
いただくと嬉しくて日記もついがんばってしまいます。
負けてらんないのよ!@式波アスカ
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/02(木)   CATEGORY: 日常雑感
HELLSING 最終巻
昨日のエイプリルフール企画に(無理やり)おつきあいいただき、ありがとうございました。
古いネタ使い回しで毎度すいません。来年こそは新ネタ目指したいです(まだやるか)。
拍手もまんべんなく頂戴しております。お気遣い恐縮です(笑)。

「HELLSING」最終巻を購入しました。
実は原作、初めて買った。本で読むのも初めて。
あえて言いますが、これほど純粋でロマンティックな作品はいまどき、なかなかない。
表現はグロテスクでもそこには必ず「美」への礼賛があります。
最終巻から、逆に揃えていこうかな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
4月1日の更新!
愛と憂国の二次創作覆面主婦作家 saeko が、大胆にも政治小説に挑戦。
長年温めてきた問題作を、本日ついに発表します・・・!


「永田町はふり向かない ~ 総理に何が起ったか ~
 二世議員と呼ばれて・赤い献金疑惑に、秘書は見た!」(長いよ)



政界の貴公子たちが織り成す愛憎劇!
永田町を舞台に、欲望渦巻くポリティクス・801ロマン!

「やめたまえ!お父上と同じ過ちを繰り返す気か・・・・!」
「かまうものか。政治生命を賭けても、僕はあなたを・・・!」

現職と次期候補の許されざる純愛!
二人を引き裂かんと画策する老獪な奸物たちの暗躍と腹芸!

「長いこと独り身というのは寂しいものだろう・・・ええ?」
「お離しください。わたしはもう二度と、あなたの傀儡にはならない」

彼らを取り巻くマドンナ議員たちも、また。

「嫌!国会なんて不潔ですわお姉さま!」
「可愛い子ね。いらっしゃい。政治のイロハ、教えてあげる」

野党騒然・国会紛糾・国民唖然の政治劇場問題作!

衝撃の大作巨編は こちら から!


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。