忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/30(水)   CATEGORY: 日常雑感
明日から10月
最近、時間のたつのが早いこと。
仕事も終了したし、やっとわたしの時間・・・と思ったら、何やら忙しくなりそうな予感。
まあヤマが過ぎたら、いけると思います(どこに)。
今日も「そんなアニキに騙されて」(参照)を口ずさみつつ、一日がんばりました。
Dの行方はメランコリー。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/28(月)   CATEGORY: 小咄
ぼろぼろな鳩
何が面白くて鳩を飼ふのだ。

国連のG20(ジー・トゥエンティ)の顔ぶれの中では、

削減目標が大口(おおぐち)過ぎるぢやないか。

外交があんまり甘過ぎるぢやないか。

不景気の続く国にこれではマニフェストがぼろぼろ過ぎるぢやないか。

票がへるから子供手当も高速無料化もするだらうが、

鳩の眼は東アジア共同体ばかり見てゐるぢやないか。

故人献金も西松問題もない様に燃えてゐるぢやないか。

赤色の風が今にも吹いて来るのを待ちかまへてゐるぢやないか。

あの小さな能天気な頭が無辺大の友愛で逆(さか)まいてゐるぢやないか。

これはもう鳩ぢやないぢやないか。

オザワよ、

もう止(よ)せ、こんな事は。




日々ニュースを見るたび期待どころか今だかつてないほどの不安に襲われます。
友愛ドリームをマジで語るあの顔を見るだけで泣きそう。


★「ハンタにおけるトガシ論」共感くださった方
ありがとうございます。昔の文章でお恥ずかしい。あれから時間は経ちましたが、状況はご存知の通り。このまま消えるつもりなら、今は本気で失望します。

★拍手ありがとうございます。
わたしも負けずに素朴な頭を無辺大の妄想で逆巻きたいです。
わたしの前に道はない。わたしの後ろに道はできる。はず。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/26(土)   CATEGORY: 日常雑感
風は秋色
ここへきて残暑らしく日差しは暑いけど、風はもう秋の涼しさ。
街路樹の気の早い葉はほんのりと色づいて、赤い。
今年の紅葉は色が鮮やかだということで楽しみです。
さて、どこで見ようかな。


★拍手ありがとうございます。
妙義に秋名に赤城、日光いろは坂も。Dには月見草ならぬ紅葉がよく似合う。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
あたしって・・・ダメな女ね・・・@じゅんこ
昨日の夜は家族そろって「8時だよ!全員集合」スペシャルで大笑い。
まさに茶の間がよく似合います。
家族が同じTVを見て、同じところで笑う。
わたしや夫の子供のころの風景そのままでありました。
それにつけてもやっぱり面白いなあドリフ。
比べると今のお笑いなんてただの「面白い人」レベルだ。芸じゃない。
最後のほうはもうこちらがマンネリだったけど、今改めて見ると面白い。
昔は気づかなかったけど笑いを取る間やリズム、舞台ならではの空気の読みかたが絶妙で、巧い。
コントのネタもすぐに流行って、学校でずいぶん遊んだっけ。
コンテンツとはすべからくコミュニケーションツールであると、誰かが言っていました。
友達と同じTVを見て、翌日話すのが楽しかったことを思い出します。
誰もが知っていて誰もが楽しめて、そんな時間を後々まで共有できる。
愛すべき番組、愛すべき人たちだったのだと思います。


★拍手ありがとうございます。
仕事が始まったとたん、妄想の小鳥さんがやかましくなりました(笑)。
こういうときに限ってあれこれ思いつくのが困る。でもこれでリク作品、取りかかれそうです。
今月の仕事、はやく終わらないかなあ(始まったばかりで)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ジェネラル・ルージュの凱旋
何ですかこの堺雅人祭りは。

どちらかといえば強烈なバイプレイヤーぶりが印象的な堺さんですが、今回は、この役どころは、まさに独壇場。
救命の現場で独裁者のごとく傲慢、ふだんも子供のように我儘、けれど真実誰よりも医者としての使命に生きる速水医師は、彼以外に考えられない。
繊細な少年の風貌、いつも口元にたたえた微笑、変化する表現。
役者としても相当に見事です。堺雅人、あの子は天才よ・・・!@月影先生

彼の異名の由来エピソードは、耽美でさえあります。
原作のあのオッサン(失礼)はどんな顔でそんなシーンを考えていたのだろう(笑)。

映画版の阿部ちゃん・結子ペアは確かに最強かも。
つか芝居で鍛えた?阿部ちゃんの毒のある、しかし笑えるケレン味が人物の魅力を引き立てる。
結子さんの気が弱いというよりは多分かかわりあいたくないだけという性格づけと、ちょうどいい。
TV版は伊藤くんが光るけど仲村くんがちといい人すぎる。これは本人の「地」の差でしょうか(笑)。


★拍手ありがとうございます。
遠いのと東京から馴染みの薄い土地なので、帰国って感じがします。
方言バリバリの義父母の会話が4割くらい外国語に聞こえる(笑)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/21(月)   CATEGORY: お出かけ。
ただいま
夫の実家から昨日、夜遅くに帰ってまいりました。ああ疲れた。
まあそこそこ楽しかったんじゃないかな(微妙な表現)。
地元産の美味しいものをたくさん食べてお土産もいっぱいで、ちょっと幸せ。
白エビ旨いよ白エビ。


★拍手ありがとうございます。
北陸の古い町角を華麗に駆け抜ける青いインプのドライバーは、どう見ても紅葉マーク該当のおじいさまでした。侮れん。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/18(金)   CATEGORY: 日常雑感
シルバーウィーク
明日からいよいよ秋の連休。
その前に置き土産をと思ったんですが、現実という名の厚い雲に阻まれて、妄想の小鳥さんがなかなかわたしの枝に降りてきてくれません。
しかし、こんなことではいけない。
ちょっと修行してきます。待ってろよ鱒寿司。ホタルイカには負けないぜ。


★拍手ありがとうございます。
そんなわけでしばらく留守にいたします。
リク作品も遅れてすみません。現実の合間を縫って妄想たくましく励んでまいります(ええ)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/17(木)   CATEGORY: 小咄
車中にて
清次(仮名) 「お務めご苦労さんっしたアネゴ!お帰りなせえやし!」

P 「バッカ野郎ぉぉ!(殴られる清次) 外じゃアネゴって呼ぶなっつったろーが!のりPじゃのりP!
  何度言やあわかるんじゃああこのドたわけが!!!」

清次「しっしーやせんアネゴ!!」

P 「あっまあた言いやがったよこのタコ!いっぺん死ねやこの尿毒野郎!
  ぺっぺっ!おまえのかーちゃんでーべそ!」

作画はシ工ロ先生でひとつ。
どう見ても「出所お迎えの図」にしか。あわわ。


★拍手ありがとうございます。
可愛さは正義。美しさは罪。よってアニキは最強(え)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/16(水)   CATEGORY: 日常雑感
鼓腹撃壌を望む
老人有り 哺を含み腹を鼓うち 壌を撃ちて歌ひて曰く
「日出でて作し 日入りて息(いこ)ふ 井を鑿(うが)ちて飲み 田を耕して食らふ 帝力何ぞ我に有らんや」と
(十八史略)

政治について思い悩むどころかその影響も感じないほど、太平安楽に暮らせる日々がどうか来ますように。
新内閣にそんな予感は塵ほどもないんだけど。むしろ今からが政治不信。
不景気、雇用不安、新型インフル、あげくに政治混乱。何かいいことないか仔猫チャン(誰)。


★拍手ありがとうございます。
昨日紹介した「太陽と~」はディカプリオにとってもはや黒歴史かも。
でも彼は「バスケットボールダイアリーズ」でもあんなことやこんなことしてたのよう!
と書いたところで、その原作者が数日前亡くなっていたらしい。奇妙な符合に合掌。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/15(火)   CATEGORY: 日常雑感
映画ばなし
パトリック・スウェイジ、亡くなっちゃったんですね。
彼は何といっても「ゴースト」。ひと昔前は、切ない恋愛映画の代名詞でした。
懐かしいメロディのテーマ曲、陶器を造るデミ・ムーアの背後から手を添えるシーンが印象的。
わたしは「三人のエンジェル」の彼が好きでした。
「プリシラ」というカルト?映画のリメイクだったけど、ドラァグ・クイーン(オカマちゃん)のひとりを演じたスウェイジは優雅で上品で可愛らしく、それこそ古き良き時代の銀幕の美女を彷彿とさせてました。

映画といえば昨日の夜は「イージー・ライダー」やってました。
今見てもかなりボーントゥビワイルドです(意味不明)。

今日の午後はたまたまTVで「パトリオット・ゲーム」。懐かしい。「今そこにある危機」とか見に行ったっけ。ハリソン・フォードの中年ぶりがちょうど脂乗ってる感じでいい。
ちなみに明日は「デビル」。ブラッド・ピットが秘密めいて陰ある美青年役で素敵なのです。


★拍手ありがとうございます。
昨日更新した「ヰタ」第二話、「太陽と月に背いて」は95年の映画から。
少年めいて美しいレオナルド・ディカプリオが天才詩人ランボーで俺様な攻め。ハリポタでリーマス先生のデヴィッド・シューリスが妻子持ちの中年ハゲ(ごめん)詩人ヴェルレーヌで受け。いろんな意味で素晴らしい。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
サマー・ウォーズ
・・・ここにも白いFDが(そこか)。

今やオンオフ友だち(笑)T柴ちゃんと、見に行ってきました。

「時をかける少女」細田監督の新作、見たかったんです。
さっ貞本キャラ見たさじゃないんだからねっ!

T柴ちゃんは今ひとつだったみたい?わたしはなかなか楽しめたんですが。
監督の視線は妙に人が好いというか人間臭い温かみがある。
今回の作品はとくに、「古き良き日本の原風景」の美しさ、温かさを、単なる郷愁で描かなかった点がいい。ノスタルジーって昭和の遺物を並べれば感動的だと思ってるような、そんな話じゃありません。

ツールやシステム、テクノロジーは目覚ましく進化しました。
人間はその進化に体も心も追いついてないのに、まるで自分が進化したような、今を生きる人間は昔とはすっかり変わってしまったんだという、「錯覚」に陥ってる。

でも現代の人間は百年前と、いやもっとずっと昔からきっと変われていないんだと。
だからこの映画はどこか懐かしいんだと。そんなことを思いました。
メルヘンを装う悪意に満ちた某アニメスタジオ作品なんかより、わたしは断然好きであります。

ところで「短い金髪ツリ目で勝気で短気」の「21歳」が、白い「FD」乗り回すのは。
これはアリですかそうですか。


★拍手ありがとうございます!祝FD祭り!(笑)
<ミサキ>さま初めまして!
いやーそうですか貴方も吹きましたか吹きますよね白FD。
しかも4台って。最後は赤FDでしたが。
ちなみに小五郎氏運転はエボⅩだったとかいう。
にしても誰もかれもがFDFD連呼して誰もRX7とか言わないし詳しすぎて吹いた。
Tさま、腰抜けましたか(笑)。赤城ナンバーわたしもしっかり見ました。
コナン率の高さもびっくりですが土曜の夕方にあれは卑怯です。
休日の夕餉のひととき、日本各地の皆さんが味噌汁を同時に吹いてたらうれしいです(ええ)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
冬名(笑)
ちょ・・・!いきなり今週の「コナン」に吹いた。

「冬名」山を走る「白いFD」って・・・!

「冬名の白い魔女」・・・赤城の白い彗星でもないんか。
なんかいろいろアレですが。先週の前編、見たかったなあ。
いやその頃はわたし、「秋名」にいたんだけどね(笑)。
FDだらけマツダ全面協力の回。


★拍手ありがとうございます。
んもーイニDを見直したくなってしまったじゃないの。ギャアアアア(スキル音)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/11(金)   CATEGORY: 日常雑感
ねえマスター、早く・・・
ヴィーナス「キッスは目にして」、清水健太郎「失恋レストラン」。
さて、この2曲に共通することはなんでしょう?

こたえ:「ガラスの仮面」、「二人の王女」オーディションシーンにて使用された。
すぐわかった貴女、将来が心配です。医師の指示を仰ぎましょう。

娘が上記2曲を知らないというので、ようつべにて聞かせてあげました。
そうよねえ。平成生まれには懐メロもいいところだもの。
感想はしかし「ふーん」でした(・・・)。いい曲だと思うけどなあ。

昔の曲って物語やドラマがありますよね。
ちなみに今聴くと「失恋レストラン」のラスト、BLな年下攻めにしか。
いやあね大人の耳って。


★<峠のかげろう>さま
わざわざお返事ありがとうございます。おお、チキンに赤城山とは素敵なマリアージュ(笑)。イチゴにシャンパンも推奨ですヨ(自作自賛)。
そんな、こちらこそ嬉しいお言葉いただいて幸せ者ですよう(照れ)。リク作品、きっと愉しんでもらえるよう気合い入れます!

★拍手ありがとうございます。
愛が理解の別名ならば、男女の愛なんて夢まぼろしのごときもの。
現実はいつも私を裏切る。ああなんて残酷なの@トシちゃん
[ TB*0 | CO*0 ] page top
女は上書き。男は別フォルダ。
「恋の保存」の方法が、男女では違うのだとか。

女は過去の恋を忘れて新しい恋に生きようとする。
データは常に上書き、「恋」は彼女の人生にいつもひとつだけ。
昔の男から貰ったものは、思い出だろうが指輪だろうが傷だろうが、捨てるか焼却処分か質屋行き(笑)。
アドレスも電話番号もいっさい消去。だって今の恋人に知られたくないもの。
ウエディングドレスは女の過去を消し去るから、純白なの。
恋はいつだって「まっさらな私」で。

でも男は違います。彼の中では、恋人の名前をつけたフォルダが増えていくだけ。
だから浮気二股もありだし、過去の恋はいつまでも引きずる。
前の彼女から会いたいなんて言われたらほいほい会っちゃうし、そもそも連絡先はそのまま残してる。
わざわざ消すなんてもったいない。「何かあったときのため」取っておきたい。何かって何?

しかし忘れてはいけない。
男はシングルタスクでしか動けず、女はマルチタスクが得意だってこと。

「みんなちがってみんないい」と思うのは、男の本性。
相手ごとに「君がいちばん」は真実です。本気だから嘘にならない。
でも「同時進行」が上手くないから、男の浮気はほとんどバレる。
フォルダばっかり多くなってどんどん作業領域を侵すので、能率は落ちる一方。
浮気男が「使えない」のは当然のこと。

女の浮気は、しかし露見しにくい。秘める隠すは女の本性。
この場合は上書きでなく、隠しフォルダをつくる。検索除けもバッチリ(笑)。
家事も育児も介護も仕事も趣味もついでに恋も。同列にこなしてしまう女の生活は多様多彩にフル回転可能。
男とはスペックが違うのよ。

そんな男女が出会って、恋をする。
これだけ違いがあるってことは、覚えておいた方がいいのかも。


以下、いただいたメッセージへのお返事です。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/09(水)   CATEGORY: 日常雑感
999
「メーテルが寝てる」
「メーテル見えてる?」
「あっエーテルが煮えてる」
「つまらんギャグのために科学の実験まで持ち出すなってーの!」

パイレーツネタですいません。

今日は2009年9月9日、999の日だってことで。
最初の映画版「999」はわたしの青春でした。
鉄郎は当時、理想の男の子でした。
大きな夢や浪漫が、昔の作品には溢れていた気がします。今よりも。
ただ無邪気だっただけなのかもしれないけれど。


★拍手ありがとうございます。
書くことへの矜持はあります。でも胸張って言えない・・・。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/08(火)   CATEGORY: 日常雑感
先週の話。
夫とふたり、平穏な夫婦の時間のことでした。
たまたまついていた某N○Kでヲタク系の情報番組が始まったのです。
パーソナリティは喜屋武ちあき。
「今日のテーマは女の子向けでーすvv」。
・・・いやな予感。

特集は15分ほどでしたが永遠に続くかと。
いったい何の拷問か。

「国や電車も擬人化しちゃうv」
「ズバリ☆腐女子って何?」
「昔はヤオイだけど今はBLvv」
「検索除けもバッチリ☆BLサイトがいっぱい」

息つく間もなく繰り出されるカウンターパンチ。
夫はとなりで笑ってましたが、言葉は少なくなぜか漂う微妙な空気。
まあ普通の男性からは理解しがたいであろう。

わたしは笑顔がひきつるといいましょうかもうずっと 変な汗でた。

べっ別に、やましいことなんかないんだからねっ!(矜持)

しかし○HKでこんな目に会うなんて想定外。
もう受信料払いたくない・・・ッ(号泣)


★拍手ありがとうございます。
それでも懲りない管理人です。リクもまだお受けしますよ~。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/09/07(月)   CATEGORY: お出かけ。
秋名での一夜
といってもただの家族キャンプ。この週末で行ってきました。
久しぶりの秋名は涼しくて、というか夜はもう寒かった。一時は雨も降って、そのあと濃い霧が出て、幻想的でしたね。
静かなのでクルマの音は遠くからでもよく聞こえます。
ギャラリーには怖くて(笑)行けないのでもっぱら孟宗竹もとい妄想だけで。

そういえば今回は走るクルマでなく、走る人たちに会いました。
駅伝大会だったんですよね。鈍足のわたしからすれば信じられないスピードで目の前を駆け抜けていくランナーたち。
人は「速さ」を求めるものなのだなと思います。速きものは、そして美しい。

伊香保温泉に宿泊したり、日帰りドライブやデイキャンプで数え切れないほど行ってるけど、キャンプ場に泊まったのは初めて。流星群観察も夜中に行って夜明け前に帰宅したし。ってどれだけ秋名好きなのか(笑)。
ここのオートキャンプ場は設備が整ってるし、場内はどこも綺麗で清潔。おススメです。
今回は薪で火を焚いてみました。荒い木肌を舐めて赤く燃えさかる炎は見る者に原始的な感覚を呼び起こす。これぞキャンプの愉しみですが料理するには火加減が難しいですな。
わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。的な厚切りハムを炙りたかったのに、渋川の西友になかったのは残念。


★拍手ありがとうございます。
皆さまのおかげで5周年。今回も秋名でリフレッシュしてまいりました。これからもどうぞよろしくです。

★<み>さま
リクエストありがとうございました!さすが<み>さま。
地獄のように熱く悪魔のように黒く恋のように甘いリクをまたしても・・・!
お応えできるかどうか、いや、ここでやらねば女がすたる。
しかとお受けいたします。負けなくてよ、マヤ!(誰)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
5周年お礼リクエスト
5周年のお礼として、リクエストをお受けしようかと思います。

こんなのが読みたい。書いてほしい。というリクがあればお受けします。
誠心誠意、お応えしたいと存じます。まあニーズがあれば(笑)。
リクエストは日記コメントか拍手のいずれかで。どなたでも、ぜひどうぞ。


今日は久しぶりにやる気になり、サイトのメニューページをいじってみました。
見た目変わり映えしてませんが、更新や変更がしやすくなりました。
作業が面倒で新サイトへ移行する予定だったんですけどここへきて再考中。
このままでもいいかなと。いいかげんな運営ですいません。
生きててすいません。生まれてす(以下略)


★拍手ありがとうございます。
拙いものでも、何かお返しができればと。お待ちしています。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/03(木)   CATEGORY: 日常雑感
新型インフル
24時間テレビが大変なことに。

ファンやスタッフなど様々な人に会ったり、狭いスタジオで大勢とずっと一緒にいたりする芸能人は、感染の危険も高いのかも。マスクするわけにもいかないしね。芸能人は顔が命。

かくいうわが地域でも実は先週、発生を確認。
もう回復して、広がってもいない模様ですが。
本当に身近に迫りつつあります。
なんかこうなると腹をくくるしかない気もしますが、とりあえずは用心しようかと。


★拍手ありがとうございます。
今日の更新はあなたのために・・・って、お好みじゃないかもしれませんが。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
5周年御礼
昨日で「利己的遺伝子」サイト5周年でございました。
このところあれこれ忙しくうっかり忘れてたんですが。

この一年もマイペースに楽しく続けてこられました。
おいでくださった皆さまに、最大限の感謝を。

まだまだ書いてみたいこと、試してみたいことがたくさんある。
これからも、おつきあいくだされば嬉しいです。


★拍手ありがとうございます。
日々のその一打に励まされここまで続けてまいりました。
本当に心から、ありがとう。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
フラワーズ10月号
いつ以来か思い出せないくらい久々に、漫画雑誌を買いました。
月刊「フラワーズ」萩尾望都 画業40周年記念特集。
表紙はモー様の描く美少女。なんだかちょっと懐かしい色合い。

デビューして40年。ほとんど休まずにひたすら描いてこられて、今なお高いあの完成度。
ますます精緻に、完璧になる作品世界はただただ驚異です。
本物の天才、天授とはこのような方を言うのです。
モー様代表の「花の24年組」。
なぜ今の漫画界は、後に続く作家を継承できなかったのかが悔やまれる。

ほかの連載漫画陣、ベテランも含め画力や物語のレベルに少なからず唖然。
実際、この雑誌を続けて買おうという気には正直なれませんでした。
わたしの感性の問題かもしれません。でもそれだけでもない気もします。
プチフラワーも最初のころは・・・なんて、もはや年寄りの繰り言ですね。
いつも新しい世界を模索するモー様はきっとこんなこと言わないはず。見習わなくちゃ。


★拍手ありがとうございます。
体は老いる。年を取る。でも感性だけは瑞々しさを失わずにいたいと思っています。
お肌の水分量は減ってしまっても、心は別。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。