忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/09/30(木)   CATEGORY: 日常雑感
シナリオのないドラマ
予算委員会が白熱して、目が離せません。
へたな野球の試合やらドラマ見るより、よほど刺激的で面白い。
国会が始まったらTVの前から動けないわ(笑)。

今日も期待に違わず、馬鹿ン&戦国コンビの強烈無能タッグは健在。
野党の攻勢にもろくに反論できず、見るからに完敗でした。
肝心のビデオ見てませんとか、事ここに及んでほんと馬ッ鹿じゃなかろか。
船長釈放の報を就寝中の総理に秘書官の連絡だけで済ませた官房長官と、しかも一報受けたらまたすぐ寝ちゃった総理と。まったく危機感がないのか、あるいは「官邸主導」の既定事項と知っていたからか。このあたりの野党の追い込みは、お見事すぎて法廷劇を見ているようでしたな。

突然の日本企業社員解放は、オザワ派モナ男(笑)が中国へ「密使」(爆笑)で出向いた当日とは、あまりにわかりやすすぎる。思わず中国による反間の計かと勘繰ってしまいましたよ。唉、豎子不足与謀!

外交にも性善説だか話せばわかるとか思い込んでる日本と違い、諸外国はどこもシビアでしたたか。
今回の漁船問題も、弱腰政権を揺さぶり尖閣問題と力を世界に誇示する中国に仕組まれてまんまと利用された気がする。いきなりロシアが出てきたのも、むべなるかな。こんな間抜け阿呆と隣に並べば、誰だって優秀に見えちゃうよね。
経済市場にも、外交でも、完全に今の政権は世界に「ナメられてる」。
これでいいのか諸君。


★拍手ありがとうございます。
一日雨で涼しくて特に用もなくてこれは書けるわと思ったらこんなことに。
政権がアホやから。ああもうどうしてくれよう。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
拍手お礼
さすがにちょっと沈んでおりましたが、今日はお天気もよく、忙しさに取り紛れつつ復活してまいりました。ただ、リビングの床に置いたケージも中もまだそのまま、傍を行き過ぎるたびに覗き込んでしまい、ふと淋しさを覚えます。相手が小さくとも情とは変わらないものですね。

皆さまからの、きっと慰めの拍手が心に沁みました。
ぽつぽつと押してくださった、そのお気持ちに、感謝します。

闘わない日本の不甲斐なさへは、賛同の一打でしょうか。
われわれ庶民の強さを、改めて見た思いです。
軍備せよ武力を増せというのではないのです。闘う方法は、いくらでもある。
勝ち方に美学はないぜ。行け!日本!(誰)


★Rさま
初めまして。嬉しいメッセージ、ありがとうございます!いやあDを続けててよかった(笑)。
連載中、しかも現在アニキ主役級活躍中にもかかわらず、なぜかまったり斜陽なD界。ここで踏ん張らねば女が廃ると意気込んだわけでもないのですが、まだまだDへの愛冷めやらず。
好き嫌いなく愉しんでくださるよい子の皆さんとともに、これからまだ頑張って参る所存でございます。またいつでもおいでくださいね。後ほどお礼のメッセージ、送らせていただきますv
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/27(月)   CATEGORY: 日常雑感
お別れ
我が家のハムスターが今朝、逝きました。
先週から急に具合が悪くなり、日々弱っていったのでもう長くないと思っていたら、今朝。
昨夜からずっと巣箱に丸くなっていたのを、わたしが名前を呼び指で撫でると少し反応して、体も温かかったのに。
玄関へ夫を見送って、戻ってきたらもう、動かない。
ほんの数分前まで生きていた体は、驚いたことに、すぐ冷たくなっていきました。

ああ、逝ってしまったなと、思いました。

おかしなことですが、死んだ、のではなく、逝った、と。
こんな小さな、手のひらに余るような生きものでも、その「タマシイ」が体から抜け出ていったと、そう思えてなりません。
骸は冷たく、硬く、たしかに抜け殻のようでありました。

タマシイが何処へ「逝った」のかは知りようがない。でもそれは新しく生まれる体を探してまた宿るのではないかしらと、それを繰り返すのかもしれないと。そんなとりとめのないことを思います。
天国地獄や彼岸よりも、現世での輪廻転生を信じたいのかもしれません。

ちっちゃなハム子(でも♂)には申しわけないけど、いろんな心配事を持って行ってくれるようにお願いしました。ハムスターに背負わせすぎ。でもまあ間に合わなかったかな。


★拍手ありがとうございます。
秋冷とともに悲しい朝を迎えました。よく懐いて可愛い子だったんですよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/25(土)   CATEGORY: 日常雑感
闘え!
最悪のタイミングで最悪の結果。
もちろん日本にだけ。
何ひとつ、交渉せず。こちらの主張すらせずに、相手の言うなりになった。
これは外交とも呼べない。
あくまで一地方裁判所が決定したと言い張るなら、国の仕事ではないんだろう。
誰がそんな詭弁を信じるのか。国家の責任さえ逃れようと転嫁する、唾棄すべき愚挙だ。

何より怒りを覚えるのは、国がわたしたち国民の命と財産を、守ろうとしないことだ。
相手の傲慢な怒りを恐れて、反論の声ひとつ上げずに、沈黙したことだ。
彼らは日本の正当性、相手の暴挙を、国際世論に訴えることすらしなかった。

暴力、戦争、軍備。そうしたものを厭うのはいい。
けれど「闘うこと」それ自体を否定すべきではない。
闘わなければ、大切なものを守ることはできないから。

脅威と戦わぬものは畢竟、淘汰される側となる。
そうなってからでは遅いのだから。


★拍手ありがとうございます。
心おだやかに日々を愉しみたいのに。こう波風が激しくては集中できるものじゃありませんな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/22(水)   CATEGORY: 日常雑感
中秋の名月
中秋どころか真夏日。ああ、お団子食べ損ねちゃった。

突然、世界がきな臭いことに。
対話は拒否、一方的に交流を断ち、激しく非難し、さらに実力行使をちらつかせて恫喝、脅迫。
こういう相手にはどのような態度で臨むべきでしょうか。
友好の海やら友愛精神やら、東アジア共同体やらを謳っていた現政府のお手並拝見と参りましょう。


★拍手ありがとうございます。
こっちが6周年なのにD世界では1年も過ぎてないことに愕然としました(笑)。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/21(火)   CATEGORY: 萌えるんです。
おまえに明日は来ない
先週の最終回に続き、シリーズ化続編つくる気満々の特別編でした。
ひょっとして映画化もあり?平成の必殺仕事人になれるかサカイさん。

神隠しの資金や管理はどうしてるんだろうとか島の隠しかたがズサンとか重箱の隅がおそろしくアレですが、何よりとっちゃんぼうやダテ氏と甘え上手タレメ鑑識くんに萌えたので良し。今日なんか目の前に粉かけてた女子がいるのに鑑識くんはダテさんのことばかり思い出してるし(総集編だから)。てかもうコイツが左側でいいよ(何の)。
お話以前にキャスティングの勝利だったかもしれないなあ。
というわけで、シリーズ続編およびさらなるハッテンもとい展開を、期待するものであります。


★拍手ありがとうございます。
やましいもとい愉しい時間が終わってしまった。来期にはまた期待できるでしょうか。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/20(月)   CATEGORY: お出かけ。
箱根八里は車で越した
この連休、日帰りで箱根に行ってきました。
紅葉でもないのにすごい人出でびっくり。千石原のススキが見ごろで秋の風情は楽しめましたが、それだけであんなに混雑するものかしら。というか知らずに、たまたま富士屋ホテルのビュッフェを目当てに行ったんですけどね。東名から箱根はどこもずっとすごい渋滞。しばらくは行きたくない。
帰りは御殿場に抜けました。ええ長尾峠を横目に。渋滞避けて下道で帰ったのでヤビツ入り口もその後で通ったし、なんだかDの道をカスってる感じ(笑)。
御殿場の手前、富士山が露天で目の前どーん!という日帰り湯に寄りましたら、なんと群馬ナンバーのハチロクと一緒になりました。かなり年季が入ってたなあ。これからバトル?それとも終わって一ッ風呂だったのかしら。


★拍手ありがとうございます。
湯元から芦ノ湖へ登る途中の七曲り、怖さは秋名の5連ヘアピン以上かも。
確かに聖地かも知れませんが、今ひとつ熱くなれない神奈川編。
やっぱり舞台は北関東のダサかっこよさ(笑)が好きなんですよね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
本日の更新
三連休の前に、「ヰタ」続き更新です。
世間がようやく秋めいたというのに、まだ夏休みですいません。


★拍手ありがとうございます。
これから秋の夜長、あれこれ書ける愉しい夜更かしがしたいです安西先生。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/16(木)   CATEGORY: 日常雑感
AA
と書いて、「ダブルエース」と読む・・・!
ついにアーケードでも公式認定の時代がきた!(何の)

ゲームショウで発表されたDの新作、今度はヒルクライム・ダウンヒルをふたりで組んで対戦するタッグ方式だそうで、より原作に近いバトルの駆け引きが楽しめるとか。

ゲーム自体はまったく歯が立たないと思われるので、バトル前後の会話などが非常に気になるわたしであります(笑)。


★拍手ありがとうございます。
涼介さんの立ち位置はどうなるんでしょう。腕組みして立ってるだけでも美しければそれもいいか。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
海月姫
今話題の「海月姫」、読みました。
面白いのに、ああ胸が痛いのはなぜかしら。

最近はヲタク女子というのも珍しくなくなりましたね。
いつの間にか、いい大人の女性を「女子」呼びするのも違和感なくなった。
良くも悪くも、いろんなものがボーダレスになってる気がします。
かつて明確だった境界が曖昧になっているというか、立ち位置が逆転しているというか。

このマンガに出てくるヲタク的趣味も、かつては多く男性のものだったのに。
わたしの若いころオヤジギャルというのが登場し、聖域だったゴルフ場競馬場赤提灯にまで進出し女性の生きる世界が広がった反面、哀れな男性の世界を狭めてしまった感は否めません。
そういえば「職業:家事手伝い」があった昔は、独身女性にはニートも無職も、いなかったのよね。

1巻しか読んでないけど、これって男女逆転させても成立するような気がしました。
それくらい、性のありようが曖昧な感覚。実際、意識的なのかそういうキャラクターも出てくるし。
ほんわかした可愛い絵柄(しかもあんまり上手じゃない・笑)に実はけっこうブラックが詰まってたりするのかなと邪推。まさに海中を漂うクラゲのごとく、ゆあーんゆよーんゆやゆよん(盗作)な雰囲気なのに、猛毒だったりして。


★拍手ありがとうございます。
10月からノイタミナでアニメ化とか。見ちゃおうかな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
画家たちとひまわり
F子ちゃんのお誘いで、「ウフィッツィの自画像」展へ。いつもありがとうv
いやあ久々に新宿なんて遠くまで行きましたよ。
「東側」にいると、このへんが遠くて行かれない。東京にはきっとまだあるベルリンの壁。

イタリアはフィレンツェのアルノー川にかかるポンテ・ベッキオ、ウフィッツィと対岸のピッティ宮を結ぶヴァザーリの回廊にある画家たちの自画像が公開されています。中にはわざわざ画家に依頼して収集したものもあるようです。知らなかった。ここはウフィッツィの中でも見学に予約が必要で、入ったことがないんですよね。
あまり有名な作品はないんですが、それぞれの画家が自分自身を直截に、得意な手法などで表現していてなかなか興味深い。陰気な表情をそのまま描いたり、あるいは老いや醜さを「修正」していたり。ルネサンスから近現代まで、時代の流れや、絵画の変遷も映します。
アントワネットの肖像を描くル・ブラン夫人(たしかベルばらに身重姿で登場していたはず)の自画像が有名かな。35歳時に描かれたのに少女のような自画像で、もしかしてこれも「修正」?
会場も規模もこじんまりとして、でもなかなか中身の濃い展覧会でした。ウフィッツィが収蔵品を国外に出していることも貴重なのでは。

同じ美術館の常設に、ゴッホの「ひまわり」があるんです。
セザンヌ・ゴーギャンを左右に従え、格の違う別室に鎮座しているそれは、薄暗い照明の中にも黄金色に輝いていました。保険会社がたしか数十億で購入したときは大きなニュースになったものです。
先日、オルセー展で初めて間近に見て強烈な印象を受けたゴッホの、代表作ともいえる「ひまわり」。
かつて有り余るジャパンマネーで購入されたそれは、なぜだか今はほんの少し、わたしには色褪せて見えました。


★拍手ありがとうございます。
「ヰタ」の彼らはまだこれから夏休み。勢いで書いてしまいたいと思ってますがさてどうなるか、お楽しみでございます。


追記。

「悪人」と「無能」は、「無能」の勝ち。どっちになっても最悪だけど、それが今の日本の実力か。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
本日の更新
「ヰタ」第五話開始。久々の更新です。
今ごろになって夏休みなんて。でもまだ暑いからいいか。
トマス・マン原作ルキノ・ヴィスコンティ監督「ヴェニスに死す」。
耽美の代名詞のようなこの映画、ビヨルン・アンドレセンは色褪せない永遠の美。


★拍手ありがとうございます。
まだ暑いけどなぜか妄想の小鳥さんが突然降りてきました。自分でも予想がつきません。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/12(日)   CATEGORY: 日常雑感
おかえりなさい。
パソ子零号機が修理から帰ってきました。
生まれたままの姿になって。

けっきょくHD壊れてるわCPUいかれてるわ、ってことで、中身ほぼ総とっかえ。
ごめんなさい。わたしは三人目だから・・・(?)
外見は同じでも別人。洒落にならない。
避難させていたデータや再設定で、一日かかっちゃいましたよ。
いやあ大変でした。

夫が。


★拍手ありがとうございます。
使うのは主にわたしですが直すのは夫。壊したのもわたし・・・か?
苦労して復活させたけどブックマークとかサイト関係の再設定がメンドイのでまだ違うの使用中(勝手)。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/10(金)   CATEGORY: 日常雑感
菊の白露
昨日の秋の涼しさからまたちょっと夏に逆戻り。
いつも逝く夏を惜しむ感傷も、今年はまったく感じないのはなぜ。

季節が変わりそろそろ何か書きたいなあと思うも、まだちょっと足りない。
そうだわ。白露をおく菊の花を愛でる兄、なんて如何かしらいいえ如何わしいかしら。
秋の午後、窓辺でそんな思いに耽りひとり顔を赤らめる、さえ子であった。
(昭和少女小説風)


★<み>さま
ネタばれ感想文ありがとうございます~v
どこの世紀末伝説北斗の拳かと、一瞬(笑)。
あの三つ巴がそんなことになっていたとは。嗚呼、白(黒)き貴婦人の運命やいかに!待て次号!ベベンベンベン、なのですね。D読みの悦びは健気な彼ら彼女らを愛しく思うそんなヲタク心あらばこそ。麗しの涼介さんも拝みたい。

★拍手ありがとうございます。
なんでも食べるよい子さんに、本日もおいでいただきました。前菜メインデザートまで、おなかいっぱい食べてもらえたかな?
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/09(木)   CATEGORY: 日常雑感
重陽
急に秋めいた今日は、重陽(ちょうよう)の日。
菊のお節句として菊花を愛で、菊の花びらを浮かべた酒を愉しむ。
節句祝いとしてはあんまり馴染んでいませんが、菊花の契り、とかすぐに出てきちゃいますね。
かの偉大なる先達白洲正子先生によれば、菊というのは(以下自粛)


★拍手ありがとうございます。
あら違うのよ暑いからやる気がないだけほら熱中症もこわいし運動しちゃいけないって言うからもちろん涼しくなったら動けるのよ掃除だって料理だって手を抜かないわよばりばりやっちゃうんだから本当よ見てなさいって思ったんだけど涼しくなったら気持ちよくって昼寝しちゃったわあ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
本日の映画
恵比寿で先行上映されている「ミック・マック」見てきました。
「アメリ」「ロストチルドレン」のジャン・ピエール・ジュネ監督の新作です。
ジュネですってよ奥さん!(そっちじゃない)。
いかにもフランス映画といった叙情やエロスをまとったブラックユーモアあふれる独特の世界が、ジュネ監督の魅力。今回もその期待を裏切りません。いわゆる「変人」ゆえに社会からはみ出してしまった人びとが、持ち前の「個性」で仕掛ける馬鹿馬鹿しいほど大仕掛けな「いたずら」。フランスらしい反骨が洒落たユーモアでくるまれ、くすりと笑えて後味もいい。久しぶりに都心の映画館まで出かけて見た価値はありました。おすすめです。
雑然としたパリの街を舞台に、悪の大企業相手に奇想天外な「仕返し」をしでかす、この感じ。どこか覚えがあると思ったら、「こち亀」ですよ。同じ下町で亀有とパリの違いはありますが、フランスで大人気ジャポンMANGAの影響がこんなところまで?(笑)


★拍手ありがとうございます。
東京は台風絶賛通過中でしたが、ほとんど建物内で無事。
でも帰り、恵比寿駅が浸水し改札階に大きな水溜りが。そしてホームで聞いたあの滝のような水音は、天井からの浸水だったもよう。空耳じゃなかったわよ!(笑)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/07(火)   CATEGORY: 日常雑感
書店はしご
所用と暑気よけも兼ねて、駅前ビルズ(複数形)でお買いもの。涼しい店内で大手書店をはしごしました。腰が痛いけど涼しいほうがありがたい(笑)。
以前からある店はオーソドックスな書店ですが、新しいほうは書籍の見せかたがいかにも現代的でお洒落、座れる椅子もあって、長居しやすい。まあどちらも売れる新刊中心は同じで古い本はあんまりないので、わたしとしては物足りないのですが。

けっきょく双方で本を買ったら、あることに気づきました。どちらでも書籍用の平たいビニル袋に本を入れ、持ち手になるところの「穴」に、中身が出ないようにセロハンテープを貼ってくれました。が、そのテープの片方の先を、ちょっとだけ糊側に折り曲げてから、貼るんですよね。そこだけ袋にくっつかない、いわば「つまみ」を作ってるんです。要は、後で客がきれいに剥がし易いように、という気配りなんでしょうね。確かになかなかきれいに剥がせず千切っちゃったりしてたので感心もしましたが、ずいぶん細かいなあと驚きも。どちらの書店でも行っていたし、こういうのはもう普通のことなんでしょうか。
昔むかしあるところのOLだったとき、どれだけ大量の書類でもホチキス止めしたら歯の出ている裏には危なくないように全部セロハンテープを貼るのがデキる女性の心配りですよと教わったことを思い出しました。とんとむかし、あったげな。


★mさま
おおそちらは小菅の湯でしたか。オープンしたてのとき行きましたよ。その先、のめこい湯もいいですよね。ほったらかしといい、山梨の温泉はなかなか侮れません。
赤城の紅葉、一軒宿、いいですなあ。わたしも今年は日光ねらってみようかしら。いつもあの渋滞映像に行く前から心が折れます。
宇都宮から「もてぎ」がすぐなんですが入場料がお高くて行けない・・・。でも某所にパンダトレノとS2000が並ぶという筑波ダウンヒル状態の駐車場があって、まさか同じオーナーじゃないでしょうが真意を小一時間問い詰めたいものです。

★拍手ありがとうございます。
この暑さと旱で、近所の街路樹の葉が焼けて枯れ落ちてしまいました。
丈夫な樹木でさえこれですから人間なんてららら。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/05(日)   CATEGORY: お出かけ。
9月なのに避暑
昨日は宇都宮から、そうだ。日光、行こう。と出かけたんですが、いろは坂ヒルクライムで勢いづいてしまい、中禅寺湖を華麗にスルー。そのまま金精峠を越えて群馬へ、京一さん遠征ルートに挑戦だ!

途中、木々の間にのぞくブルーの湖面が涼しげな丸沼に寄りました。
標高の高いここでも日差しは強くて暑いのは同じだけど、やっぱり吹く風の涼しさが違います。
さざなみが小石を洗う浅瀬に足を入れると、ひんやりとつめたい。綺麗な水に、群れたヤマメやアユの稚魚が足元を掠めて逃げるのがすっかり見える。人なれしていないせいかうまく追い込めれば、鈍いわたしや娘にも捕まるほどです。水遊びのあとは涼風を受けて木陰でひと休み。思いがけない避暑を楽しめました。
連日の晴天猛暑で旱なのか水がかなり奥まで引いてしまい、いつもは水辺に水没しているはずの大きな枯木や根が、乾いて白い砂地に黒々と廃墟のごとく屹立する光景は、異世界を想起させて奇妙。なかなか面白い場所を見つけました。

ずっと一本道で、途中吹割の滝(今回はスルー)の傍も通って沼田まで。途中、白沢の道の駅「望郷の湯」でひと休みしたら、沼田ICから関越。赤城への遠征は今回もできなかったのが残念ですが、それ以外ならふつうに(笑)楽しいドライブでした。

帰宅したらパラグアイ戦に間に合った。新メンバーもいてどうなるだろうと思ったら、なかなかクリエイティブで面白いサッカーをしてましたね。期待の香川はさすがのプレーを随所に見せてくれて、本田とも相性はよさそうだし、ドイツの個人的な活躍のみならず、これからの日本代表がとても楽しみになりました。長友も相変わらずタフで走りっぱなしだし(笑)。
ケイスケは調子も悪くないしよく機能していたと思うけど、自分でゴールできなかったことや途中交代で、また怒ってるんだろうと思います。自身が掲げる目標に届かない、ふがいない自分に。彼の厳しい自律心はある意味傲慢に映り、周囲には理解されにくい。でもより強くなるためには必要なことなんでしょうね。


★mさま
お祝いのおことば、ありがとうございます!足立ナンバーまだ生息中ですか。しかも7ってまさか三輪車・・・(笑)。近所じゃめっきり見なくなったパンダトレノ、今回は3台も目撃。でもやっぱりドライバーはみんなオジs(自粛)
そんなわけで(どんなわけだ)、またまた望郷の湯ですよ(笑)。お湯はもちろん農産物、食事、どれもレベル高いです。最後は赤城大沼までの京一さん遠征完全ルートで、いかがですか。

★拍手ありがとうございます。
こんな猛暑が続くと、さすがに涼介さんもとい涼を求めてアスファルトだらけの東京を脱出したくなります。涼介さんは季節問わずお求め中ですが。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/09/02(木)   CATEGORY: 日常雑感
ロケンロー!
突然TVにヒロとかタケルとか出てるなあと思ったら、某バンド映画の宣伝だったのね。
カブトの中の人はようやく綺麗な顔に戻ってよかった。小汚いヒゲと似合わないロンゲのままオダジョ道を行って帰らないかと思った。
ムカイ・リくんがゲゲゲつながりで今たいそうお気に入りですが、この映画ではまたおかしな金髪野郎でがっかりです。しげぇさんでいいのに。ちなみにこの映画、原作も読んでないけど見る限り絵づらがダサくてロックな感じがどうもしない。森脇さんのステッカーを見習ってほしい。
娘はこのイケメンズにピンとこないらしい。友だちが嵐にキャーvなのに、彼女が夢中なのはサカイさんだったりします。毎週「ジョーカー」うっとり鑑賞中。わたしはむしろ鑑識の彼がサカイさん大好きすぎる件が(以下自粛)
ちなみにサトウコウイチ好きは同意見。わたしなんかハングマンのころから(以下略)


★たくさん拍手ありがとうございます。
気づいたら6年経ってました。忙しいながらも充実した年月だったと思うのですよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
6周年御礼
本日でサイト6周年と相成りました。
ずいぶんと長く続けてこられたものだなあと我ながら思います。

書きたいものを好きなように書く愉しみ。
それを誰かと共有する愉しみ。
この6年を振り返ればまさに、

「学而時習之。不亦説乎。有朋自遠方来。不亦楽乎」

この心境だったのかもしれません。
何を学んだかはさておき(笑)、朋(とも)あり遠方より来たる。日本じゅうの方と交流できた喜びは、何にも代えがたい。

最近いろいろと状況も変わり、なかなか頻繁な更新もできないのが残念ですが。
これからもマイペースに、自由に。できるだけ続けていきたいと思います。
どうぞおつきあいくださいまし。


ご訪問と拍手を、いつもありがとうございます。
訪れてくださるすべての皆さまに、心からの感謝を。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。