忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/20(火)   CATEGORY: 日常雑感
べらんめえ首相
昨日のTVタックル。思わず胸が熱くなりましたよ。
麻生さんはやはり快人物。明るく豪快な笑いかた、話も筋が通っていて明快。
聞いていて、見ていて気持ちがいい。あの虫唾の走るルーピーズとは大違い。
たけしが盛んに、運がない運が悪いと嘆いていましたが、そうなのかもしれません。能力ではなく。
百年に一度の経済危機に、周囲の雑音にとらわれず彼はプライオリティを間違えなかった。
日本のため、国民のために、耐えて踏ん張ってくれた。
中川さんと一緒にもう少し、任せてみたかった。

ルーピーズの唱える国民のため、生活重視などというお題目とは、まったく異なる。
権力を手中にした今自分の理想をただ実現したいだけで、現実の国民を見てはいない。
巧言令色鮮(すくな)し、仁。剛毅木訥、仁に近し。

萩尾望都に「偽王」という短編があります。
架空の美しい国、そこでは二年に一度の祭りがある。盛大な祭りのあと、王が国のすべての罪咎を負う。鞭打たれ目を潰され去勢され、国を追われる。国の罪を背負い贄となるための「偽の王」。
戦後日本という国が駆け上がった見せかけの豊かさ美しさの裏で増殖させた罪や矛盾が膨れ上がって臨界点に達したとき、長い祭りのあとの「偽王」に、彼はたまたま選ばれただけなのかもしれません。

吉田首相の孫に生まれた麻生さんをさんざん金持ちだの坊ちゃんだの揶揄したあとにきたのは、それをはるかに上回るルーピー首相。マスコミとわたしたち国民の自業自得といえばそれまでですが。

麻生さんの昔話の中で、印象的な話が。
学校から帰ると家の前で張っていたマスコミが彼を取り囲んで「おまえの爺さんが死んでくれれば平和になるんだよ」と小突かれたと。笑い話だったけれどたけしが一瞬、血相を変えてました。まったく平和だの平等だの正義だの理想だの叫んでこぶしを上げる輩に、ろくなのはいない。


★拍手ありがとうございます。
最近政治の話ばっかりですいません。
「♪泣かせるオツム、ルーピーマン♪」に笑い泣きですいません。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。