忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/10/19(火)   CATEGORY: 日常雑感
畏怖
あちこちで熊出没注意。東京にいると実感ないですが、さすがに草津白根で襲われた件はその数時間前に現場にいた身としてはぞっとします。

北海道でも熊に注意の看板がリアルに恐怖でした。
斜里町に現れて街中を徘徊した親子熊は射殺されたらしいですが、人のテリトリーに入ってきたならばこれは仕方がないこと。
自然との共生、共存と、言葉でいうのは簡単。けれどそれは峻厳な現実を孕むもの。自然を排除し選別してきた人のエゴ、身勝手も、広く人の生存のための行為である限り、正当化していいとわたしは思います。自然も自身の生存のために行動している。それが彼らのエゴでしょう。
ただしそこには責任と犠牲とが必ずつきまとう。その代償は、互いの生命。
安全な人工の森に住んで自然の厳しさを忘れた人間だけが、どうも忘れてしまっているようです。
少なくとも、羆(もう字面が怖い)と対面して、保護とかいえる訳がない。

「保護のための保護」には懐疑的です。
自然は不変に非ず常に変化するものであり、また不如意なるもの。
人の浅薄な知恵が敵う相手ではない。
強者が栄え弱者が淘汰されるのは、命あるものすべて逃れようのない自然の理(ことわり)。

ヒグマだったかホッキョクグマ(近縁らしいですが)が地上最強の生物と聞いたことがあります。
その大きさ、膂力の強さ、後肢で立ち上がり、足は速く、木にのぼり、泳ぎ、頭もいい。
史上最悪の熊害、三毛別羆事件とかウィキ読むだけで津軽海峡渡れない。
熊こわい。もしかして地上唯一上位にいる、ヒトの捕食者じゃなかろうか(トラやライオンはもうその地位にいないっぽい)。
出会えば襲われるし生きたまま齧られちゃうし、半分食べた獲物は隠しておいて見張ってるとか、一度手にしたものに執着して執念深く取りに追って来るとか。もうプーさん見たら逃げ出したい。


★拍手ありがとうございます。
風邪引いて辛いんですが更新したい。早く追い出してがんばります。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。