FC2ブログ
忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: 2008/02/04(月)   CATEGORY: 日常雑感
目からパスタ
ってイタリアで言うらしいんだけど本当ですか(嘘っぽい)。

高村光太郎の「人に」という詩に、「まるでさうチシアンの画いた絵が鶴巻町に買物に出るのです」とあります。わたしはずっとこの「チシアン」が何者かわからず、従ってイメージも曖昧だったんですが、今日ようやくその長年の謎が解けたのです。

土田麦僊という明治時代の画家の、フィレンツェからの書簡に「ポチセリーとチシアン」の文字が。「ポチセリーの春やビイナス誕生」とあるのでこれはボッティチェルリ。チシアンとはつまり、ティツィアーノのことだったのですな。しかしTizianoをどう読めばチシアンに(悩)。
ちなみに彼は、チシアンに比べればルノアールもスケールが小さいと述べています。大絶賛。

光太郎の詩もようやくストンと腑に落ちました。そうか。全裸で横たわる貴婦人「ウルビーノのヴィーナス」や波打つ金の髪をまとい美少女然とした「マグダラのマリア」が、ヨーカドーあたりの服を着てネギのはみ出た買い物カゴ持ってお魚くわえたドラ猫追いかけてたりしたら、そりゃ見るに忍びないことでありましょう。
もちろんこの「人」は智恵子のことで、彼女が他人に嫁す想像をしただけで泣ける、という詩なんですけどね。実際ヲトメな光太郎氏。

興味のない方には何のこっちゃでしょうが、こういうどーでもいい小さい発見に昂奮するのがマニア的心理(笑)。

世界史なんかだと名前の読み方が国で違って面倒ですが面白いなと思うこともあります。
ペテロとピーターとピョートルだとか、アンリとヘンリーとかね。
ある友人がアメリカに留学中、やたらと「ジョン・ポール」という名が出るのでどこのミュージシャンや、と思ったら「ヨハネ・パウロ」法王猊下のことだったそうな。
と、お後がよろしいようで。

久々にまともにパソ子に向かっております。
頭文字Dは放置してあったクリスマスものをCP別にわけ、雑記帳も更新しました。
そろそろ二次も更新したいですな。

★昨日の日記に拍手ありがとうございます。表示はされてませんが伝わっております。
毒入りギョーザ、怖いですよね。こういうとき必ずギョーザくらい手作りしろとか言い出す奴がいますが(首にねじりハチマキしたオッサンとかな)、家族分三食毎日欠かさずしかも献立変えて自分で手作りしてみろと言いたいわたしは手抜き派です(ダメじゃん)。

スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ