FC2ブログ
忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: 2008/02/14(木)   CATEGORY: 日常雑感
ヴァレンタイン・デイ
今日は Blue Valentine's Day
だって 君からのチョコレート もらえそうもないからさ

たとえ ほかの 女の子から プレゼントされても
僕は 君からのでなきゃ 嬉しく ないのさ 

                       大滝 詠一 「ブルー・ヴァレンタインズ・デイ」

今日はバレンタインですね!
好きな娘の、好きな人がわかる日ですね!
そしてそれは100%自分ではない!

                        糸色 望 「絶望先生」

切ないヴァレンタインの名言集。


愛の日に掛けてか、ここ数日TVで「プロポーズできない男」という特集をよく見かけました。そういう人のために、ホテルやら何やらがプロポーズ演出ビジネスを始めたとか。
なになに、まずはフレンチのフルコース、それからキャンドル灯るロマンチックなチャペルでプロポーズ。成功すればシャンパン、花束つきのリムジンでお送りする、と。
〆てお二人さま10まんえん。

たった一言、「結婚しよう」を言うのに、じゅうまんえん(しつこい)。

こんなもの、金かけてどうすんだっつーの。結婚式だの新生活だの子どもだのにかかるんだから、その後のために取っとけっつーの(既婚者フィルタ)。

いまや生涯未婚率(60歳まで結婚歴なし)が男性は12%以上(2000年国勢調査)。1965年には1%台だったものがですよ!(ちなみに女性は2→5%台の上昇)
男性が満足に求婚もできなくなったとすればこの数字も納得というもの。あたるくんはえらかった。いろんな意味で。

男性からのプロポーズってある意味女性側には「言質」(笑)。
人生を共にするにあたってはやはり「幸せにする」とか「大事にする」と言葉で聞いておきたいものです。シンプルでも真実がこもった「言葉」があれば、別に洒落た言い回しもシチュエーションも必要ないと思うんだけど。それとも傷つきたくないナイーブ君が増えてるのかしらね。

日本でヴァレンタインがこれほど盛況になるのも無理はない。
女性からわかりやすくOKサインを出さないと、自信のない男性が踏み出せないのかもしれないから。まったく男は手がかかる。家庭とか人生とか、何でもひとりで背負い込む必要はないのに。

結婚は、人生の荷物を増やすものではなく、半分にしてくれるもの。
ひとりですべて背負うには重すぎても、二人なら楽になる。
生活も、子どもも、互いの人生も。
わたしはそう思ってます。


スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ