FC2ブログ
忍ぶれど・・・
色に出にけりわが恋は。サイト更新状況と日々のよしなしごとを。
DATE: 2008/02/26(火)   CATEGORY: 日常雑感
責任の取り方
イージス艦の事故で、野党がまたぞろ防衛省大臣の辞任を要求している。

なぜいつもこうした問題が起きたとき、大臣辞任が責任を取ることになるんだろう。辞めて解決できるわけじゃあるまいし、まして要求した野党から大臣が出て問題に当たってくれるわけでもない。ただ辞めろコールで肝心の問題は無視。しかも事故の原因究明はおろか行方不明者の捜索もしている最中に、問題をすり替え政争の具にする姑息さには呆れる。こういうときこそ政治に何ができるか、与野党一体となり政府として取り組んでほしい。

責任があるからこそ、その立場に留まって解決への陣頭指揮を取るべきではないのか。辞めて逃げられるならそのほうが楽なこともある。途中で放り出された問題はまた一からやり直しになり、かかわらなかった者が後継の責任を負うことで責任感はより希薄になり、誰もが解決や改善への意欲を失う。

最高責任者は逃げずに留まり、頭を下げ、批判を受け、問題の再発を防ぐ努力と道筋をつける。進退はその後だ。


★Aさま
こちらでは初めまして。拙作を読んでいただきありがとうございます。メイド直也&綾崎ハーマイオニー萌え同志としてもよろしくお願いします(笑)。

★25日の拍手ありがとうございました。

スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 忍ぶれど・・・. all rights reserved. ページの先頭へ